お風呂場 椅子 水垢お風呂掃除をする時など、椅子に座って浴槽をこすったりしていると、肝心の椅子の掃除を忘れてしまいませんか。

 

気が付いた時は、ガチガチに水垢がついてしまい、お風呂用洗剤やカビキラーでも落ちません。

 

でも大丈夫。浸け置きで後から楽に落とす方法、または多少こすっても素早く落としてしまう方法、どちらも完全にキレイに出来る方法があるのです。

 

そこで今回は、お風呂場の椅子にこびりついた水垢の掃除方法や予防策についてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

お風呂場の椅子の頑固な水垢を取りたい!何がついてるの?

お風呂場 椅子 水垢お風呂場の椅子にこびりついてしまった水垢は、本当に頑固ですよね。薄くついているうちに取ろうとは思うのですが、1日もう1日と過ぎてしまい気が付いた時には、お風呂用洗剤などでは太刀打ちできない汚れになってしまっています。

 

爪やヘラでこそいでいる人もいるようですが、丸みを帯びた形状で中々広い範囲があるので、大変な作業になりそうですね。

 

参考:お風呂場・浴室のアンモニア臭!原因と消す方法とは?

 

よくある重曹やクエン酸をふきつけてティッシュを貼ると言う掃除法はあまりおすすめできません。

 

頑固な水垢は到底それでは解決できないのと、ティッシュがもったいないです。そんな大変な思いをしなくても、ちゃんと落とせますよ。

 

まず、椅子についた水垢はどんな汚れなのかを考えてみましょう

 

ガチガチに張り付いているのは、石鹸やシャンプー、水道水のカルシウムなどですね。これは、アルカリ性の汚れです。そのため、同じアルカリ性の重曹では落とせないのです。

 

カチカチになったアルカリ汚れにどうやって挑むか・・・カチカチはふやかして・・・アルカリ性には酸性を・・・これで行きましょう!

お風呂場の椅子の水垢をふやかしてこすり取る!

お風呂場 椅子 水垢水垢をふやかそうとした時に、お湯をかけたりドライヤーで温めたりするのは手間がかかりすぎませんか。これは、椅子に手をかけるのではなく、掃除する時間を変えれば良いのです。

スポンサーリンク

 

それは、お風呂に入っている間にしてしまおうと言うことです。お風呂に入っている間は、何もしなくても水垢はふやけています。ここで使いたいのが「クリームクレンザー」です。

 

参考:お風呂場が寒い時にできる対策とは?

 

クリームクレンザーには研磨剤が入っているのはご存知かと思います。

 

キズが付くのでは?と心配かもしれませんが、全体重をかけてこすればキズも付くかもしれませんが、通常のこする力ではキズはつきませんので安心してください。

 

クレンザーでキズが付いていたのは大昔の話で、今は「脂肪酸ナトリウム」と言う成分が直接表面を削り取らないように考えられているのです。お風呂の最後にもう一度熱めのお湯を椅子にかけてください。その後クリームクレンザーをたっぷりかけてスポンジの硬い方でこすります。

 

キズがついちゃうかな・・・と心配するまでもない程度の力で水垢がこそぎ取れてしまいます。お風呂用のクリームクレンザーがありますが、キッチン用でも構いません。

 

同じ研磨作用を利用するなら、激落ちくんでも大丈夫?と思いますよね。

 

激落ちくんなどのメラミンスポンジでも確かに落とせますが、それこそキズがついてしまいますので要注意です。軽くクルクルと回すようにして落ちているようなら、大丈夫です。

お風呂の椅子についたアルカリ汚れを酸性の力で落としてしまおう!!

これは、お風呂の椅子がどれくらいの頑固さかで、使う酸性洗剤を決めましょう。お馴染みのクエン酸も酸性洗剤ですね。

 

まだこびりつきが弱い状態なら、お風呂上りにシュッと吹き付けてスポンジでこするだけで落とせます。

 

それでも落とせない状態であれば、最強の酸性洗剤「サンポール」を登場させましょう。

 

「サンポールってトイレの・・・?」そうなんですよ。

 

洗剤や薬剤は着くタイプの汚れに対応しているので、同じ汚れなら大抵どこでも使えます。ふやけたところにサンポールをピューっとかけて10分くらい放置してからスポンジなどでこすってみてください。

 

全体的にこすったら流すときれいに落ちていると思いますよ。せっかくお風呂に入ったのにビニール手袋をはめるのは抵抗がありますが、仕方がないですね。これは、絶対にはめるようにしましょう。

 

換気も必要ですが、これはお風呂の後なので、換気扇が回されていると思います。

お風呂の椅子に水垢をつけない予防策はある?

一番楽な予防策は、お風呂を出る時に熱めのシャワーをお風呂全体にかけてから出てくることです。

 

熱いお湯をかけると早く蒸発するので、水垢がつきにくくなります。

 

いつまでも水がついていると、水垢がついてしまうので、面倒でなければ拭いてでてくるのが得策です。

 

それプラス、シャンプーやボディソープを使い終わって最後に浴槽につかっている間、椅子や洗面器にクエン酸を吹き付けて、出る前に流すのも良いです。

まとめ

お風呂場の椅子の頑固な水垢を落とすには、ふやかしてからこするか、酸性の洗剤が有効です。クリームクレンザーやサンポールを使って試してみてください。

 

次からは、ガチガチに固まる前に落としてしまうようにしましょう。

 

予防するためには、お風呂から出る時に熱いお湯をかけるなど、水分が早くなくなるように工夫してください。今回の方法は、浴槽のお湯のラインにできた線状の水垢にも効果的ですよ。

 

ぜひ、お試しください。

 

スポンサーリンク