スポンサーリンク

 

暑い夏が到来しましたね!汗をダラダラながしながら、お仕事されているみなさん、本当にお疲れさまです。汗をたっぷりかいた日は(ポリポリ)、シャワーを浴びて、ビールをゴックゴク!(ポリポリ)ぷはぁー!たまりませんね!

 

ん?ポリポリ、か、かゆいなぁ。うーん?赤くなってるぞ?なんだこれ?あー!あせもかも!

 


スポンサーリンク

 

あせもができやすい原因があるってホント?

あせも,白いあせも,赤いあせも,汗,原因

 

あせもは汗を出す汗腺という穴が皮脂によって詰まることで起こります。一般的にあせもというと赤いプツプツを想像されるかと思いますが、実は、「白いあせも」と「赤いあせも」があるのをご存知ですか?

 

「白いあせも」は日焼けの後や発熱のある病気の時に、透明で水滴のような小さな水疱(すいほう)ができるものです。これは汗によって濡れてもろくなった皮膚が服などですれて傷がつき、汗の穴がつまることで起こります。この水疱は自然に破れて薄い皮がはがれて数日以内に治るので心配はいりません。

 

一方で、「赤いあせも」も同じ原理で汗の穴がつまることで生じるのですが、炎症をともなったもので赤くなってしまったものです。これはかゆみがあって、汗が出ると刺すような痛みも生じることもあります。この初期のあせもはかゆみがあるために、爪でひっかいてしまって傷ができてしまうのです。また、この傷に不潔な爪や汚れた衣類などから細菌が付着するとあせもは重症化します。

 

あせもの流れを簡単にまとめると、汗をかく→汗の穴がつまる→かゆくなる→ひっかく→細菌がつく→ひどくなるです。そのため、あせもができやすい原因(ひどくなる原因)となると、

  1. 汗を沢山かく
  2. 汗を拭かない
  3. 爪でひっかく
  4. 不潔な状態でいる

ということになります。

 

これをもう一歩進めて考えてみると、汗を沢山かく体質の人、運動をよくする人、太っている人、爪をちゃんと切らない人、毎日お風呂に入らない(またはシャワーを浴びない)人があせものできる危険性が高い人といえます。心当たりのある方はあせもをできないように気をつける必要があります。そのためにも、どこにできやすいのか?どうすれば防げるのか?といったことをまとめましたので参考にしてくださいね!

 

あせもに悩む方はこちらも合わせてどうぞ♪⇒あせもにワセリンやステロイドを塗っても悪化する?治らない理由とは?

 

首、腕、膝裏などあせもができやすい場所があります!それぞれの対処法とは?

あせも,白いあせも,赤いあせも,汗,原因

 

あせものできやすい場所は、頭、おでこ、首、肘の内側、膝の内側、脇、足の付け根などです。これらの場所は毛、服、肌同士が密着することによって、汗の乾きが悪くなるような部位です。汗の乾きが悪いことで湿度が高くなり、結果として、汗腺のつまりが起こりやすくなるため、これらの場所はあせもができやすい場所と言えます。

スポンサーリンク

 

実は、あせもの対処方法はとっても単純です。

  1. 汗をかかない

あせもの原因は汗です。その汗をかかないことが一番いいわけですから、エアコンや扇風機によって快適な室温・体感温度を管理しましょう。

  1. 汗をかいたら乾いた服に着替える

かいた汗が皮膚を柔らかくして布に擦れて傷がつくわけですから、汗を早く拭き取って、乾いた服に着替えることで皮膚の傷を防ぐことができます。

  1. かかない

あせもはかゆみを持つものです。ですがこれをひっかくことでさらに炎症反応は進み、症状が重くなってしまいます。かかないように気をつけましょう。

  1. シャワーを浴びて清潔に保つ

引っかいた傷に細菌が感染することであせもは重症化します。あせもができたら清潔に保つことが大切です。

  1. 塗り薬で炎症を抑える

かゆい・痛い、これを抑えるのには薬の力を頼りましょう。この場合の塗り薬は病院で処方してもらうのがおすすめです。

 

以上のことに気をつければあせもは自然と治ります。では次に、あせもができやすい部位ごとにより早く治る対策を立てましたので参考にしてください。

 

髪の毛によって頭皮に湿気がこもってしまいます。暑い夏ですから、いっそのこと髪の毛を短くしてサッパリとしてみるのもいいのでは?

 

おでこ

こちらもおでこの近くに髪の毛があることが問題です。おでこを出すようなヘアスタイルにすれば夏を爽やかに乗り越えられるかもしれませんよ!

 

首は外に出ているようで以外と通気性の悪い場所なんです。少し下に俯いてみてください。首のしわの部分で肌と肌がぴったりくっついてしまいますよね。例えば、事務仕事をしている時、お勉強をしている時、集中すればするほど、ぴったりとくっついてしまった肌は湿度を増して、あせもができてしまうことになります。一息ついて首の汗をふき取ると、あせもは防げるし、作業効率もあがるしで、一石二鳥かもしれませんよ!

 

肘の内側・膝の内側

こういった場所は座った姿勢の時に、肌同士がくっつき、肌の密閉された状態ができてしまいます。ですから、座った状態であってもこまめに腕や足を伸ばして通気してあげると良いでしょう。

 

脇の下は汗の最もかきやすい場所の一つです。こまめに汗を拭くのが大切です。市販の汗を抑えるようなデオドラントスプレーを使用するのもいいでしょう。

 

足の付け根

足の付け根やデリケートゾーンは男性も女性もジメジメしてしまいがちな場所です。足を組んだりする癖のある方は、骨盤矯正にもつながりますし足を組まないように気をつけるのもいいかもしれません。

 

最後に

あせも,白いあせも,赤いあせも,汗,原因

 

あせもはかゆくて痛くて嫌なものですし、赤くなってしまったら恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。ぜひ、今回のお話を参考にして、あせもができないように気をつけましょう!

 

参考:夏の暑さ対策や夏風邪・食中毒やあせもの対策まとめ

 

スポンサーリンク