スポンサーリンク

 

冬でも家族や仲間とキャンプがしたい!でも、冬のキャンプってとても寒そうですよね。

 

なるべく寒くない、おすすめのキャンプ地と暖房設備のいろいろについて解説します。

 

冬のキャンプが初めての方、キャンプ初心者にも分かりやすくまとめました!

 

スポンサーリンク

 

冬のキャンプ、どこでする?

冬 キャンプ 暖房冬のキャンプって難しかったり、寒くて辛そうなイメージがあったりしませんか?確かに冬は日照時間も少なく、さらに一日中外にいるのは寒いということも普通です。

 

しかし、冬キャンプは意外と人気があるのです。

 

あなたはどうしてキャンプをするのですか?と聞かれると、「自然の中でのんびりと過ごしたい!」と答える人がとても多いかもしれません。それを叶えるのに冬キャンプは最適なのです。

 

冬キャンプでは、キャンプ場に来る人がだいぶ少なくなります。夏しかキャンプをしないという人もたくさんいるので、冬のキャンプ場は人が当然少なめになるのです。だからこそ、景色や静けさ、自然を満喫することが可能ともいえるでしょう。

 

では、具体的な冬におすすめのキャンプ地をご紹介します。

北海道・東北のおすすめのキャンプ地

寒さの厳しい北海道。当然のように10月半ばから4月後半くらいまでクローズしているところが大半です。しかし、通年営業しているところもありますよ!

 

中でも初心者さんにおすすめなのが、コテージタイプです。北海道の寒さの中、外のテントで寝る勇気がない!という場合でも十分にキャンプが楽しめます。

 

コテージタイプで人気の北海道のキャンプ地は

 

  • オートリゾート苫小牧アルテン
  • エルム高原リゾートケビン村「虹の山荘」

 

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/nlJKGd

このあたりが暖房などの設備も充実しており、初心者でも安心のキャンプ地といえるでしょう。

 

ただし、北海道で通年営業しているキャンプ場は広い北海道に5か所程度しかありませんので、余裕を持って予約されることをおすすめします。

 

東北の冬キャンプにおすすめのキャンプ地は、

 

  • フォレストパークあだたら(福島県)

 

です。こちらは、コテージ・暖房設備などが充実していますのでファミリーでのはじめてのキャンプにはかなりおすすめできるキャンプ場です。

 

東北には冬に営業しているキャンプ場はあることにはあるのですが、冬キャンプ経験者・しっかりとした装備を持っている方でないと厳しいところが多くなっていますので、まずはホテル・旅館感覚で泊まれるコテージから東北の冬キャンプを始められることをおすすめします!

関東のおすすめのキャンプ地

北関東と南関東に分けておすすめをご紹介しましょう。

 

北関東でおすすめのキャンプ地は、

 

  • 大子広域公園 オートキャンプ場グリンヴィラ(茨城県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/MNMbMk

  • 北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/fBRt12

こちらになります。どちらも子供向けの施設も充実しており、清潔感がキャンプがはじめての方や女性の方に喜ばれています。

 

北関東では雪や寒さなどの関係から通年営業のキャンプ場が少ないのですが、この二つは特におすすめです!

 

南関東でおすすめのキャンプ地は、

 

  • 清水公園キャンプ場(千葉県)
  • ウェルキャンプ西丹沢(神奈川県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/99iGyj

  • PICA秩父(埼玉県)

こちらです。都心からもアクセスがよく、キャンプデビューには最適なのではないでしょうか?

東海・中部のおすすめのキャンプ地

温暖な場所・雪の多い場所など気候の変化に富んだ地域ですが、おすすめのキャンプ地はどこでしょうか?

 

  • 八滝ウッディランド(岐阜県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/sCpGwc

  • 松阪市森林公園(三重県)
  • 竜洋海洋公園オートキャンプ場(静岡県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/z8ZtPv

暖房・毛布貸し出しなど初心者にも安心の設備の場所をピックアップしました。

 

なかでも、竜洋海洋公園オートキャンプ場は冷暖房付きのトレーラーハウスなど、珍しいタイプかつ快適なキャンプができるキャンプ場としてかなり期待が持てそうですよ!

近畿のおすすめのキャンプ地

コテージのあるキャンプ場は結構多いのですが、雪が少なくはじめてのキャンプでのおすすめは兵庫県。キャンプ場も多めで選びやすくなっています。

 

  • 日時計の丘公園オートキャンプ場(兵庫県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/GXDm6B

スポンサーリンク
  • 新田ふるさと村(兵庫県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/Lu7NbC

  • 南紀串本リゾート大島(和歌山県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/K1AYgg

バリアフリー施設も完備している日時計の丘公園オートキャンプ場。スギ林に囲まれた森の香り豊かな新田ふるさと村。兵庫県には個性豊かなコテージのあるキャンプ場がたくさんあり、冬でも初心者さんが安心してチャレンジできる環境が整っているといえるでしょう。

 

和歌山県の南部に位置する、南紀串本リゾート大島も「島」だけに非日常を味わいつつ、温暖な気候に加えて暖房設備も整っていますので、今まで「キャンプ=山」のイメージだった方にも是非おすすめしたいキャンプ場です。

中国四国のおすすめのキャンプ地

中国地方のおすすめキャンプ地をご紹介します。

 

  • キララコテージ(島根県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/YclatC

  • みつぎグリーンランド(広島県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/gceqvY

キララコテージには冬はこたつ、みつぎグリーンランドも冬はエアコンまたは電気ストーブで暖がとれます。キララコテージはテラスから見渡せる日本海が魅力。キャンプに行ったら、やはり雄大な景色を堪能したいですよね。

 

四国のおすすめは、このあたりです。

 

  • 四国三郎の郷(徳島県)

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/EZ6B96

  • 大洲家族旅行村(愛媛県)

キャンプ 冬 暖房引用元:https://goo.gl/uU5FRm

どちらも温暖な気候の四国地方ですが、やはり冬は寒さが気になるもの。

 

どちらもしっかりと暖房が用意されていますので、はじめてでも心配しないでくださいね。また、大洲家屋旅行村では食材さえ持ち込めばほぼ手ぶらでOKです!

九州・沖縄のおすすめのキャンプ地

まずは、九州のおすすめキャンプ地をご紹介していきます。

 

  • 黒川 森のコテージ(熊本県)
  • 御池野鳥の森公園キャンプ村(宮崎県)

キャンプ 冬 暖房引用元:https://goo.gl/k9Snum

  • 八重山公園キャンプ村(鹿児島県)

黒川 森のコテージは、近くに吊り橋・滝など観光できる場所が多く、キャンプにプラスして色々な楽しみ方ができます。

 

御池野鳥の森公園キャンプ村では、火口湖である「御池」に面しているため釣りをすることも可能。キャンプだけでなく釣りも大好きな方にはかなり魅力的なのではないでしょうか?

 

八重山公園キャンプ村からは、桜島・錦江湾が見渡せます。最高のロケーションの中、思い出をたくさん作っていきましょう。

 

では、沖縄のキャンプ場のおすすめをご紹介します。

  • 沖縄かぐや姫

冬 キャンプ 暖房引用元:https://goo.gl/nf7DTE

  • ココス・ビレッジ

沖縄かぐや姫は、四季折々の花が楽しめるというところが女性を中心に人気のキャンプ場です。もちろんバーベキューなども楽しめますので、キャンプ女子会などに最適な場所ですね。

 

ココス・ビレッジは離島・石垣島に位置します。リーズナブルな価格のツリーハウスが主ですが、温水シャワー・トイレ・炊事場・冷蔵庫なども完備されています。

 

冬こそ沖縄でキャンプをしてみるのはいかがでしょうか?

暖房設備ってどうなっているの?

冬 キャンプ 暖房冬でもオープンしているキャンプ場の場合、コテージにはほぼ必ずといっていいほど暖房設備は備えてあります。

 

具体的には、エアコン・電気ストーブ・石油ファンヒーター・ガス式ファンヒーター・こたつなどです。

 

コテージタイプなら、ほぼお家と同じように過ごせますのであまり気負わなくて大丈夫。ただし、予約する前に設備については公式サイトや電話などで不安な点について確認するようにしましょう!

キャンプ初心者におすすめの方法は?

この冬はじめて冬キャンプにチャレンジする、という場合には迷わず暖房付きのコテージをおすすめします。

 

冬用の寝袋などをそろえるとなると結構な出費になりますし、何よりはじめての冬のアウトドアということで不安もあるでしょう。

 

まずは、一人で行く方でも、仲間と行く方でも「ファミリーに優しそうな設備のあるキャンプ場」ということを基準にキャンプ場を探して冬のキャンプにチャレンジすることをおすすめします!

まとめ

冬、キャンプはオフシーズン。だからこそ、空いていて思いっきり自由な時間を過ごせます。

 

でも、キャンプに慣れていない人にとっては暖房などの面からハードルも高くなってしまうでしょう。

 

しかし諦めるのはまだ早い!全国には北から南まで通年営業のキャンプ場があるのです。

 

はじめての場合には、暖房やお風呂などの設備のきちんとしたコテージタイプから入門されるのはいかがでしょうか?まずは快適に冬の大自然を体験してみてくださいね。

 

スポンサーリンク