スポンサーリンク

掃除 冷蔵庫の下 裏お掃除は毎日ちゃんとしていますよ!と胸を張っている人の中でも、冷蔵庫の下や裏までピカピカと言うお宅は一握りではないでしょうか。

 

そもそも冷蔵庫の下は汚くなってしまうもので、届かないところはしょうがないのだ・・・と思い込もうとしているのかもしれません。

 

実は大掃除にならなくても簡単に冷蔵庫の下も裏もキレイに出来るのです。

 

とりあえず長いものにストッキングやタオルを巻きつけて突っ込んでいた人は必見です。

 

そこで今回は、冷蔵庫の下や裏の手の届かないところをキレイに掃除する方法をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

冷蔵庫は動かせる?実はお掃除できるようになっている!

掃除 冷蔵庫の下 裏

冷蔵庫は動かせるんですよ!でも、力持ちの男性が2人組で「せーの!」とやったのなら、当たり前の話ですよね。

 

そうではなくて、女性一人でも楽に動かす事が出来るんです。ただし、設置してから長い間動かしたことが無い場合は、動きが鈍いかもしれません。

 

参考:玄関をキレイに掃除!タイルは重曹を使って綺麗に出来る?

 

ホコリがローラーにくっついてしまい、思うように動かない可能性があるのです。そんな時は、左右に動かしながら、前に移動させてみてください。

 

また、ローラーが越えられないものがすぐ前にあって、スムーズに動かない場合もあります。

 

そんな時は、多くの人が試している、「ハンガー+ストッキング」でとりあえず詰まっている物を取り除いておくと、簡単に移動できるようになります。

冷蔵庫を実際に動かしてみよう!

掃除 冷蔵庫の下 裏冷蔵庫の中身が満タンに入っているような場合は、上部の物くらいは抜いておくと楽かもしれません。

 

また、ドアが簡単に開かないように、ガムテープなどで固定しておくと良いですね。ドア側には卵やドレッシングの瓶などが入っている事が多いので、落下して壊れる可能性があります。

スポンサーリンク

 

参考:これぞ裏ワザ!洗面台のつまりを一瞬で直す方法

 

一度に冷蔵庫の中もキレイにしてしまうなら、先にできるだけ空っぽにしておくと軽くなり、より一層動きやすくなります。

 

また、コンセントを抜いておいた方が安全ですが、すでに手が届かないような場合は、コードに前方へ移動させるだけの余裕の長さがあるか確認しておきましょう。

 

冷蔵庫の前面下についているカバーを外します。このカバーは横長の物が多いですが、ずべてが同じ形ではありません。簡単に外れてしまうものもあれば、冷蔵庫のドアを開けたところにネジ止めしてあるタイプもあります。それぞれの方法で外してください。

 

ここからは、どの冷蔵庫もほぼ同じです。

 

左右には、高さを調整できるストッパーがありますので、それを左巻きに回して上げていきます。

 

床に付いた状態では固くて回りませんが、冷蔵庫を少し奥へ押すようにするだけで、ストッパー部分に余裕ができて回るようになります。

 

ストッパーが浮くとローラーが動くようになるので、冷蔵庫は簡単に移動させることが出来るようになります。

冷蔵庫と床と壁!まずは掃除機で吸い取るべし!

床の汚れは想像がつきますね。でも、ホコリは冷蔵庫本体や、壁、コードにもついています。また、ここで忘れてはならないのが、排気口/通気口のホコリです。

 

半年に1回のお掃除でも、うっすらと膜が張るように溜まってしまいます。

 

何年もそのままにしていた場合は、モシャモシャに生えたようにホコリがついていると思いますよ。掃除機であらかた吸い取ったら、固く絞った雑巾で全体を水拭きします。

 

汚れがひどい場合は、マイペットなどを使ってしっかりと拭き掃除をしましょう。できれば、フローリングの目地に詰まった汚れも取ってしまいたいですね。

 

冷蔵庫の天井も忘れずに拭き掃除しますよ。この部分は、油汚れも付着しているので、マジックリンで油分を落とすか、クレンザーで研磨して落とすようにしましょう。

 

冷蔵庫はコーティングしてあるので、意外と汚れはすぐに落とせるのです。

冷蔵庫下・裏のお掃除終了!ゆっくり戻して必ずストッパーを!!

気になっていたところがキレイになるのは、実に気持ちが良いですよね。こんなに簡単に動かせるなら、とっととやればよかった!とみなさん思うようです。

 

ゆっくりと元の位置に戻してから、ストッパーをクルクルと右巻きに出していきます。この時最初のように、冷蔵庫を少し奥に押すようにしながら回すと、完全にローラーより床に密着して動かなくなります。

 

日本は地震国なので、冷蔵庫のように大きな物はできるだけ移動させないようにしたいですね。しっかりと、止めましょう。

まとめ

冷蔵庫の下や裏はこまめにお掃除すればするほど、電気代も安くなるし、冷蔵庫の寿命も長持ちします。

 

大変そうだし、見ないふりをしたくなりますが、やってみると意外と簡単に移動させることが出来るのです。手順さえ覚えてしまえば、女性一人でもサッと出来る作業です。

 

長年お掃除していないような場合は、汚れがこびりついてうまくローラーが回らないかもしれないので、左右に動かしながら引き出してください。おかしな音がしたり、水漏れがある場合は、取扱説明書に従って修理するようにしてください。

 

冷蔵庫の中のお掃除は、お給料前で食料があまり入っていない時にやると、スカスカでやりやすいですよ。外側も内側もきれいにすると、グンと冷えるようになります。

 

敬遠していた冷蔵庫の下や裏の掃除ですが、時間も30分程度で済んでしまいます。

 

年に1度の大掃除!と思うとよほど大変な作業に感じてしまうので、気が付いたら動かしちゃうくらいに、日常のお掃除の仲間入りさせてしまいましょう。

 

スポンサーリンク