スポンサーリンク

擦り傷 切り傷 ジュクジュク 透明 液体 応急処置怪我をしたときの傷口から透明なぐちゅぐちゅした液体って誰もが怪我をした時に見たことがあるとは思いますが、一体何か意味があるのでしょうか?

 

実は最近の傷の手当は、消毒をしないで治していくのです。それにはその透明な液体が重要な役目を果たしています。

 

自らの治癒能力による傷の修復が最近の常識となってきていますよ。切り傷や擦り傷ができてしまった場合の応急処置を詳しくご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

切り傷や擦り傷が治るメカニズムとは?

擦り傷 切り傷 ジュクジュク 透明 液体 応急処置切り傷や擦り傷を作ってしまうと、良く洗ったあとに消毒液をつけて絆創膏を貼って傷を乾燥させてから治していませんでしたか?乾燥して出来たかさぶたってはがす時はすごく痛いですよね。そして、完治しても跡が残ったりしてしまいます。

 

実はその当たり前と思っていた治療方法が最近では間違った治療法だということになってきているのです。それはなぜか?

 

怪我などをしてしまった時などにバイ菌が入ってはいけないということでまずは水道水で汚れを落として、そこに消毒液を垂らす…これが当然な流れだったのですが、そうしてしまうと人間の自然に治癒していこうとする力(血を抑える血小板やバイ菌を攻撃してくれる為の白血球など)まで一緒にやられてしまうことがわかりました

 

ということは、怪我などで傷口を作ってしまった場合には水で洗い流すだけでOKということになります。

 

参考:擦り傷や切り傷の跡を残さない治し方とは?女性は必見です!

 

水で洗い流した後少し経つと透明のようなジュクジュクした液体が傷口を覆うように現れてきますが、これも実は重要な役目を果たしているんですよ。その液体は細胞培養液とも言われている傷を治すための人間が持つ自然治癒力の一つなんです。

 

最近になりやっと過去の治療方法が良くないことだとわかってきて、人間がもともと備えている自己治癒力によって傷の修復を促し、傷を比較的早く治そうという手当が注目を浴びてきています。では、傷はどのようにして治るのでしょうか?

 

  1. 傷口から出血すると、止血をするために血小板が集合
  2. 白血球が傷によって死滅してしまった組織や細菌を除去
  3. コラーゲンを生成する細胞(線維芽細胞)が集まり傷口を結合
  4. 表皮細胞が集まり傷口を修復

 

このようにして人は傷を治癒します。透明の液体はなんだかしみ出てくると良くない気がしてせっせと拭き取ってしまいがちですが、この滲出液が傷口を常に覆って適切な湿潤環境が保たれることで、皮膚を修復し再生するのが比較的早くなるんですよ。

スポンサーリンク

 

このような治療法は「湿潤療法(モイストヒーリング)」と呼ばれていて、現在推奨されている傷の治療法とのことです。この治療法のメリットは傷が比較的早く治り、痛みが軽減されやすく、傷跡が残りにくいと言われていますよ。

 

湿潤療法は、うるおい療法ともいわれ、体が本来持っている力「自己治癒能力」を最大限に生かす治療法です

出典元:京都逓信病院

応急処置はどうしたらよいの?

擦り傷 切り傷 ジュクジュク 透明 液体 応急処置細菌の感染などが疑われるような傷であったり、出血が止まらないような深い傷の場合は、早急に医療機関を受診することが必要ですが、ちょっとした切り傷や擦り傷であった場合は家庭で簡単な応急処置ができます。

 

  • 出血している傷の場合は、止血をする
  • 傷口は水道水できれいに洗う
  • 高機能絆創膏を使って患部を保護し、傷は乾かさないようにする
  • 高機能絆創膏の表面に滲出液が染み出してきたら交換

 

これは家庭でできる簡単な湿潤療法となりますが、応急処置で大切なのは、傷口を水道水で洗うことです。洗う目的は、傷口入ってしまった異物(砂やごみ)を取り除くためです。異物があると治癒の妨げになりますので、丁寧に洗って除去しましょう。

 

そして、同じく消毒液は使用してはいけません。洗った後に、傷を乾かさないようにするのは、浸出液によって傷口の治癒を早めるためです

 

湿った状態に保つには、普通の救急絆創膏ではなく、適切な「創傷被覆材」、例えばバンドエイド「キズパワーパッド」などの高機能絆創膏がオススメです。

 

この時に、必ず傷口より大きめの高機能絆創膏を貼ってくださいね。貼り替えの目安は、絆創膏のパッドの表面から滲出液が染み出してきたり汚れたりした場合となります。貼り替えの時には、必ず傷の治り具合や膿の有無も確認しましょうね。

とてもシンプルな治療方法ですので、家の救急箱に是非高機能絆創膏を常備して、軽い傷や擦り傷の場合は試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

昨日の常識が今日の非常識という言葉がありますが、まさにその言葉が当てはまりますよね。

 

湿潤療法で治療を行うと、傷の治りが早くなるのはもちろん、傷痕が残らない確率が上がる効果まであるので必ず実践しておきたいところですよね。

 

ぜひ擦り傷や切り傷、怪我などで傷口ができてしまった場合には温潤療法を試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク