スポンサーリンク

口唇ヘルペス うつる 感染 治療発症すると唇のあたりに水ぶくれができて多少の傷みを感じるという口唇ヘルペス。

 

この口唇ヘルペスは感染力が強いものなのですが、では、赤ちゃんに感染した時、どのようにしたら良いのでしょうか。

 

というわけで今回は赤ちゃんに感染した時の対処法はもちろん、そもそも感染ための予防策も合わせて紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

口唇ヘルペスは赤ちゃんにうつる

口唇ヘルペス うつる 感染 治療口唇ヘルペスを引き起こす原因となるウイルスは「単純ヘルペスウイルス1型」といいます

 

このウイルスは非常に感染力が強く、接触感染という形で感染します。たとえばタオルを感染者とそうでない人とで使いまわしたり、食事の際にコップで回し飲みしたりするだけで口唇ヘルペスに感染します。

 

赤ちゃんも例外ではなく、母親や父親が感染している場合、スキンシップなどで感染してしまいます。

 

おまけに、このウイルスは一度感染すると、症状がおさまっても体内に住み着いて、身体が弱まった隙をねらって再び症状を引き起こします

 

症状は単純ヘルペスウイルス1型の潜伏期間である1〜2週間をすぎると、口のあたりに水ぶくれができて多少の傷みを感じるというもので、しばらくすると症状が落ち着くという症状になります。

赤ちゃんに感染した時の治療法は?

赤ちゃんが口唇ヘルペスに感染してしまった時どうすればよいのかというと、まずは病院で診てもらうことが最優先です

 

口唇ヘルペスは早期に対処を始めることであとあと苦労をしなくて済みます。

 

病院に行くことにより市販の薬よりも効果の高い薬を処方してもらえます。現在、口唇ヘルペスのウイルスを殺すための治療法はなく、症状が出た時にそれを抑える、という治療がメインになります。

 

参考:口唇ヘルペスや口内炎は何科を受診すれば良いの?子供は?

 

市販の薬にも口唇ヘルペスの症状を軽くする薬もあるのですが、大抵は再発した時用の薬です。一般的に二度目の発症のほうが軽症になる傾向になり、一回目の発症では市販の薬は効果が期待されないことが多いでしょう。

赤ちゃんの口唇ヘルペス感染による合併症

赤ちゃんは大人とは違って免疫能力がまだまだ成長していないため、単純ヘルペスウイルス1型に感染することでさまざまな合併症を引き起こすことがあります。

ヘルペス脳炎

国立感染症研究所によれば、「抗ウイルス剤が開発されてからの致命率は10パーセント程度」とのことですが、仮にヘルペス脳炎にかかって命に関わるほどの大事には至らなかった、一命を取り留めた、という場合でも発症したお子さんのうち3分の1ほどは後遺症を残してしまうそうです。

スポンサーリンク

 

ヘルペスウイルスが大脳辺縁系という部分に侵入することで発症するといわれていますが、まだ原因を含めてよくわかっていないのが現状です。症状としては発熱したり、呼びかけに応じない、けいれんがおきる、という症状があります。

ヘルペス性歯肉口内炎

高熱が出て口の中に水ぶくれができて歯茎が腫れて出血したりすることが症状です。主にはじめて感染した赤ちゃんに見られる症状だとされています。10ほどで症状はおさまるようです。早めに病院に行くことで重症化を防ぐことができます。

カポジ水痘様発疹症

アトピーに皮膚に問題のある赤ちゃんがヘルペスウイルスに感染した時に発生します。感染するとアトピーの症状が出ている部位に水ぶくれがができる、という症状です。こちらも早めに病院に行くことで重症化を防ぐことができます。

赤ちゃんに感染しないようにするには

口唇ヘルペス うつる 感染 治療単純ヘルペスウイルス1型は接触感染する、というはなしを先ほどしました。感染しないようにするには接触しなければよいのです。どういうことかというと、たとえばお母さんが口唇ヘルペスの症状を発症している時は、赤ちゃんにキスしたりすることを避ける必要がある、ということです。

 

他に注意することは食事の時お母さんの唾液が付着した箸や皿、コップなどを赤ちゃんに回して食べることをしない、ということやタオルなどでも感染するため、使いまわさない、ということに注意してくださいね。

 

参考:口唇ヘルペスが完治する期間ってどれくらい? 日数はどのくらいで判断?

 

患部に触れた手で赤ちゃんに触れると感染するため患部に触れてしまった時は手を石鹸で洗ってから赤ちゃんに触れるようにしましょう。使い捨てのマスクを着用することも効果的な対策でしょう。触れるリスクを少なくできます。

再発を予防するために

身体が弱まった時に隙を突いて単純ヘルペスウイルス1型は再度活動し始めて症状を引き起こすと説明しました。つまり再発しないためには身体を強く保っておけばよいのです。体力が低下した時、睡眠不足、ストレスなどが再発の要因ですね。

 

ですから十分な睡眠を取り、食事をバランスよく食べる、適度に運動をして免疫力を上げておく、ストレスを溜めないように息抜きを定期的にする、というようなことをすれば再発のリスクを抑えることができます。

 

免疫の赤ちゃんに感染させないためには、予防しかありませんので、ヘルペス専用サプリという手段もありますよ。

また、紫外線が原因で再発することもあるので、日差しが強い日に外出するときは紫外線対策を万全にしましょう。

まとめ

いかがでしたか?口唇ヘルペスはちょっとした接触で感染して、おまけに一度感染してしまったら一生再発のリスクを抱えながら生きていくことになります。

 

感染しないことが一番だとは言うまでもありませんが、感染してしまった時は早めに手を打ちましょう。再発を抑えるためにも生活習慣を改めてみましょう。

 

参考:口唇ヘルペスがうつる確率は?感染経路などの場所は?

 

スポンサーリンク