スポンサーリンク

 

暑い日が続いて、蝉の声が聞こえ始めて「夏だな」と感じることが増えてきました。エアコンや冷たい飲み物が恋しい季節になってきましたね。ビアガーデンや花火、海水浴なども夏の一大イベントです。できれば体調管理は万全にして臨みたいところですが、そんな時期に『夏風邪』が流行し始めます。

 

たかが夏風邪、と自己判断で薬を飲んで終わり!という方も多いのではないでしょうか。しかし、その治療方法は本当に正しい方法なのでしょうか?そんな夏風邪の治し方を世代別の詳しくお話ししていきたいと思います。

 


スポンサーリンク

 

夏風邪の治し方とは?症状はどんなもの?

夏風邪,子供,幼児,大人,治し方

 

私たちが考えている風邪の症状はどんなものが挙げられるでしょうか?鼻水や発熱、喉の痛みや咳など様々な症状がありますよね。夏風邪の代表的な症状として言われるのが『下痢と腹痛』ではないでしょうか。夏風邪=お腹の風邪、と言われるほど冬の風邪の症状に比べて下痢と腹痛の症状が出やすいのが夏風邪の特徴です。

 

その他の症状として、乾燥していない夏場に喉の痛みが出ることです。喉の痛みを夏場に感じたら、それは夏風邪の症状かもしれないので注意が必要です。その他、冬場の風邪の症状と同じように発熱や間接痛なども出ます。では、子供のかかりやすい風邪と大人のかかりやすい風邪は同じ症状なのでしょうか?子供の場合と大人の場合を分け、それぞれの対処法について以下にお話しいていきたいと思います。

 

子供が夏風邪になってしまったときに困るのは食事!是非チェックしましょう!⇒一歳児が夏風邪でダウンした時に与える食事は何が良いの?

 

子供の夏風邪はどのようなものがあるの?その対処法は?

夏風邪,子供,幼児,大人,治し方

 

子供の夏風邪の三大夏風邪と言われているものがあります。それは『ヘルパンギーナ』『手足口病』『プール熱(咽頭結膜熱)』の3つです。子供が夏にかかるのは大抵これらの場合が多く、アデノウイルスやエンテロウイルスの感染が原因となります。また、それらのウイルスはとても感染力が高いのが特徴です。その三大夏風邪についてそれぞれ詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク
  • ヘルパンギーナ
    感染経路は、咳や鼻水の他に便などのウイルスが鼻や口から侵入することによって発症する。特徴として、38℃以上の高熱が2~3日続くことがある。発症後、口の中に水ぶくれができ食事の際に酷く痛むので食欲が落ちたりする。

 

  • 手足口病
    感染経路はヘパンギーナと同じように口や鼻からのウイルス感染です。病名の通り、手や足や口に発疹や口内炎ができる。発熱する場合もあるが、微熱の場合や熱は出ない場合など様々場合がある。腹部などには発疹は出ず、手や足や口の発疹は1週間程度で消える。

 

  • プール熱(咽頭結膜熱)
    感染経路は、病名の通りプールに入ることで感染することが多いとされていて咳やくしゃみや目の粘膜から感染するとされている。38℃以上の高熱が5日以上続く場合もあり、喉の痛みや結膜炎、下痢や腹痛を伴うこともある。

 

また、夏風邪とよく似た症状として溶連菌感染症があります。特徴は、舌がイチゴのように赤く腫れて手足だけでなく胸部にも赤い発疹が出ます。潜伏期は一般に2~4日で、突然の発熱やのどの痛みで始まるのが特徴です。

 

これらの感染症に残念ながら特効薬はありません。必要に応じて、解熱剤を使いながら症状と戦うしかないのです。医師にかかるのはもちろんですが、家でできるケアとしては口当たりがよく喉に負担がかからない食べ物(豆腐や素麺など)を欲しがるだけ食べさせて下さい。あとは、脱水症状にならないように水分補給をこまめに行うことが重要です。ポカリスエットなど赤ちゃんにはイオン飲料がいいかもしれません。あとは、睡眠をたっぷりとりましょう。

 

大人の夏風邪はどのようなものがあるの?その対処法は?

夏風邪,子供,幼児,大人,治し方

 

大人の風邪の主な症状として、熱やのどの痛みなど子供より重症化することが多いといわれています。特に、先程お話しした子供のかかりやすい夏風邪の三大夏風邪のうちの手足口病にかかると重症化して症状が出るというケースが多く報告されています。子供がかかった場合には、マスクをしてタオルの共用を避けてまめにアルコール消毒をして感染経路を絶つことが効果的です。それでもかかってしまった場合には、子供の対処法と同様食べやすいものを食べてまめに水分補給をし、睡眠をしっかりとりましょう。

 

一般的に夏風邪は長引く、と言われています。それは、軽く考えて医師にかからず自己判断で薬を飲んで済ませているからではないでしょうか。風邪かな?と思ったら医師にかかり、適切な治療法を行い完治への近道を進みたいものです。

 

参考:夏の暑さ対策や夏風邪・食中毒やあせもの対策まとめ

 

スポンサーリンク