スポンサーリンク

正月太り リセット 解消法お正月は、美味しいお節やお雑煮など、つい食べていしまう上に温かい部屋から出ることが億劫になって、運動量が減ってしまします。おまけに親戚中でワイワイと話し込んで、その時も知らず知らずのうちに食べてしましますよね。

 

そんな時、食べすぎて増えた体重!だからってお正月早々から運動したくないし・・・・お正月気分もすっかり抜けて、恐る恐る体重計に乗った瞬間に現実を突きつけられて、頭に浮かぶ「ダイエット」の文字。

 

体だけじゃなく顔も少し丸くなったような気がするのは、あなただけじゃないですよ。

 

では、なぜお正月の時期は太りやすく、それをどうやって元の体重に戻すことができるのか?そん方法があればぜひ知りたい!そうお考えのあなたに、太る原因、体重をリセットできるダイエットや解消方法を紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

お正月に太ってしまう原因は?

正月太り リセット 解消法そもそも、なぜお正月に太ってしまうのか?答えは簡単!カロリーの摂り過ぎと、それに反して運動量は増えないため消費するカロリーが減ってしまうからです

 

ダイエットをしようと考える時に意識したい事「消費カロリー>摂取カロリー」と言うことです。

 

どういうことかと言うと、食べる量に対して、消化するカロリーが少ないと結果的に太ってしまいます。食べてはゴロゴロ過ごす的なイメージのあるお正月は、普段より食べ過ぎて多くのカロリーを摂ってしまうのです。ですが、実は冬の寒い季節は消費カロリーが増えてダイットには向いてるんです。

 

そうは言っても、寒いと温かい部屋で過ごす事が多くなりカロリーを消費するどころか、増えるばっかりですね。

 

では次に、どうしてカロリーを摂り過ぎてしまうのか?気になる、お正月料理のカロリーを調べてみましたのでご覧いただいましょう。

 

*お正月料理のカロリー早見表

  • お節料理(2人前)・・・2000kcal(料理の種類や品数によって変わってきますから、目安のカロリーです)
  • おもち(1個)・・・・・118kcal
  • お雑煮(1杯)・・・・・300kcal

平均的なお節のカロリーです。

  • 数の子・・・・・20kcal
  • 筑前煮・・・・・314kcal
  • 黒豆・・・・・・57kcal
  • かまぼこ・・・・40kcal
  • 紅白なます・・・39kcal
  • 栗きんとん・・・170kcal
  • お多福豆・・・・166kcal
  • 昆布巻き・・・・153kcal
  • 鰤照り焼き・・・211kcal
  • 松風焼き・・・・92kcal
  • 伊達巻・・・・・80kcal
  • 田作り・・・・・78kcal
  • 海老の照焼・・・61kcal
  • くわい煮・・・・29kcal

 

大量に食べるイメージではないものの、こうやって数字で見るとそれぞれが案外カロリーがたかいいと感じますよね。どうしてカロリーが高いのかと言うと、日持ちさせるために甘みを強くして濃い味つけになってるからです

 

これらを全種類食べるなると、おのずとカロリーがオーバーするのは当然です。ましてや、お正月の時期にしか食べることがないお雑煮は、好きな人にとっては何杯でも食べたくなりますよね。そうなると、おもちはデンプン質で糖分がほとんどですから高カロリーを摂取してしまうことになります。

 

その他にも、食べ物以外でお酒・ビール・ワインなどのアルコール類も好きな方はかなり飲まれるんじゃないでしょうか?アルコールもかなりの高カロリーですから、それなりの量を飲めば、あっと言う間にカロリーオーバーになってしまいます。

 

このように、お正月のわずかな期間で食べて飲んでを繰り返してしまう人がほとんどだと思いますが、人間が一日にカロリーを消費する基礎代謝は、女性で約1200kcal、男性で約1500kcalですから、よほど気を付けていないとすぐにオーバーしてしまいます

 

では次に、どの様にして増えた体重を減らせばいいのか?答えは、先にも書いたように、消費カロリーを増やすことです。消費カロリーを増やために、実際に何をすればいいのかを書いていきますね。

スポンサーリンク

お正月太りの解消法はコレだ!

正月太り リセット 解消法まず、お正月太りを解消して増えた体重をリセットするおすすめの方法は、普通のダイエットと変わりなく摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすことです

 

お正月にどうしても食べ過ぎてしまう、おもちなどの炭水化物で摂っていしまったカロリーを減らすには、炭水化物であるお米やうどんなどを減らして脂肪が少ない赤身のお肉や、魚、野菜類を多く使った鍋がオススメですよ。

 

そして、買ってきたお正月料理は日持ちを良くするためや万人向けの味付けにするため、どちらかと言うと濃い味付けになってます。しかもお酒と一緒に食べると、つい濃い味が欲しくなりますよね。

 

濃い味の料理は食べすぎや、ご飯の量が増えたり顔や体のむくみの元になりますし、むくみが続くと体の中に老廃物が溜まって、それが万病のもとになってしまいますから注意しましょう。

 

普段の食事の食べ方を気を付けるだけでカロリーが体に溜まりにくくなるんです。それは「べジファースト」と言って、食事のときに最初に食べるモノを野菜サラダやスープなどから食べるようにすると言うことです

 

さらに細かく言うなら、野菜をはジャガイモ、ニンジンなどの根菜類より、ブロッコリー、キャベツ、ナスなどの繊維や酵素が多くデンプン質が少ない野菜を食べるように意識して食べましょう。

 

あと、ダイエットに魚や肉は厳禁!と思いがちですが、実は魚やお肉の脂やタンパク質は食べた方が良いんですよ。

 

魚には良質な脂が豊富で、その脂には痩せやすい効果があり、赤身のお肉にはダイエットに必要なカロリー消費を助けてくれるエネルギーをつくりだす大事な役目があるからなんです。

 

食べ物や食べ方を注意しながら、普段の生活の中で運動やストレッチなど積極的に体を動かすように心がけて消費カロリーを増やして体重をリセットしましょう。

 

参考:冬アレルギーって何?冬になると酷くなるアレルギーはたくさんある?!

簡単に出来る運動は?

正月太り リセット 解消法なるべく乗り物を使わずに歩く。会社や買い物などでエスカレーターやエレベーターを使わず階段を利用する。出かける時はウォーキングがてら、一駅先まで歩くなど普段の生活で出来ることをすれば、それが習慣となっていけば気付くと痩せていた!なんてことも夢じゃありませんよ。

 

と言うことで、あまり時間をかけないで痩せたいと言う人には、いつでもできる運動がいいですよ。

 

特に冬はオススメです。気温が低くて寒い分、ランニングやウォーキングなどの運動で体を動かすこと体が温まりますからカロリー消費が増して、運動も何もしないより早く痩せることができますし、夏の暑い時期と比べると苦になりませんよね。やはり、痩せるには動くことが一番の近道のようですね。

 

一つ驚いたのは、魚はもちろんですがお肉がダイエットに必要だと言うことです。これは嬉しいですよね。お正月太りは痩せにくいなんて苦手意識は解消できて、痩せることができますね!

 

お正月太りの解消のポイント!

 

  • 普通のダイエットと変わらず、摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やす。

 

  • 摂取カロリーを減らすための食事を心掛ける。お正月を過ぎたらお米やうどんなどの炭水化物を意識して減らし、 その分、野菜と脂の少ない赤身のお肉や魚を使った鍋活用する。

まとめ

いかがでしょうか?美味しいお料理をみんなで楽しみながら食べるお正月は、つい食べ過ぎてしまいがちですよね。

 

でも、食べたぶん太るのは当たり前!どうしてもお正月太りを解消してリセットしたいなら運動などをして痩せるしかありません。

 

美味しい思いをいた分、体を動かして体重を減らしましょう。でも、お正月の三ヶ日だは美味しい料理を楽しむ!と決めて、それが過ぎたらダイエットモードに気持ちを切り替えて実践することが痩せるポイントですね。

 

参考:節約しながら簡単ダイエット!楽しく続けれるコツは?

 

スポンサーリンク