スポンサーリンク

一人暮らし 必要なもの 女性実家を出て一人暮らしをすることは不安やさみしさもありますが、どんな生活が待っているのかと思うと、それ以上にワクワクが止まらなくなりますよね。

 

女性がワクワクの一人暮らしを始める時に、一番必要なものは「安全性」です。物件も家具や物品もすべて安全な物を選ぶようにしましょう。

 

あまりにも安さ先行ですべてを選ぶと、住んでからわかる悲惨な実態にさらなる引っ越しを余儀なくされたり、粗悪な物品を選んで買い替えたりするなど、結局お財布が痛むことになってしまいます。

 

そこで今回は、女性が一人暮らしをする上で必要なものについて考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしで必要なものを女性中心で考えます

一人暮らし 必要なもの 女性女性は現実的、なおかつ堅実的になりすぎて、「安い物件」に走ってしまうことがあります。安いものがすべて悪いものではありませんが、十分な下調べは必要です。これからは、外から疲れて帰ってきた時に、部屋がホッとできる場所にならなくてはなりません。

 

自宅に帰ってからも緊張が解けない環境に身を置くと、女性ホルモンがバランスを崩し、肌荒れや便秘などが起こりやすくなり、常にイライラする女性になってしまいます。

 

参考:擦り傷や切り傷の跡を残さない治し方とは?女性は必見です!

 

周囲の騒音や近隣の建物からの視線など、住んでみてから気が付く事もありますが、出来る限り問題の少ない部屋を根気よく探すようにしましょう。

 

「オートロック=安全」ではありません。駅との往復に利用する道や、街灯の位置などもチェックします。帰宅が遅くなると周囲が真っ暗、なんてことにならないようにしなくてはなりません。また、スーパーや病院が徒歩圏内にあるか、周囲に自分の日常を阻害する建物はないか、など十分に考慮した上で物件を決めましょう。

 

部屋が決まったら、引っ越し当日には必ずライフラインが使えるように手続きを忘れないようにしましょうね。

女性の一人暮らし!最初に必要な安全な家具や物品とはどんなもの?

部屋が決まったら、一人暮らしに必要な家具や物品を考えますが、これも安全性を考えて決めることが大事です。

 

  • カーテン
  • 照明器具
  • 布団
  • 衛生用品
  • 季節用品
  • 荷ほどきグッズ

 

は引っ越し当日から必須です。「カーテン」は遮光カーテンを選び、夜は外から中の状態が一切わからなようにしておきましょう。雨戸がある部屋は、必ず閉めることが鉄則ですが、ついていない部屋もたくさんあります。可愛らしいパステルカラーのカーテンなどは、外から消灯したことがわかってしまうので十分注意してくださいね。

 

「照明器具」がついていない部屋を借りた場合は最初に準備しなければなりません。暗くなってから気が付いて慌てて買っても、今度は真っ暗な部屋で取り付けるのは一苦労です。

 

「布団」に入って、ゆっくり部屋を見渡してから必要なものを徐々に揃えて行く計画を立てましょう。最初からベットを購入してしまうと、他に何も入らなくなってしまうこともありますので、慌てる必要はありません。

 

ペーパー類や洗面用品、お風呂用品などの「衛生用品」。荷ほどきした物をまとめるヒモやカッター、ゴミ袋は必ず必要になります。ゴミ袋は地域で決まったものを購入しなくては持って行ってくれない場合もあるので、事前確認が必要です。

スポンサーリンク

 

「エアコン付き」の物件で無い場合は、涼や暖を取れるように考えておきましょう。特に暑い時期の引っ越しは、夜になっても窓を開けたまま夢中で部屋の片づけに没頭し、外から「女性の一人暮らし」が丸見えになっている場合があります。

 

また、寒い時期に暖房器具が一切ないと初日から風邪をひいてしまいます。引っ越しや大掃除が原因で風邪を引くことはよくあるので、温かくして過ごせるようにしましょう。

女性が一人暮らしをする上で必要な家具や物品の選び方とは?

まず第一に、まとめて揃えない!と言うことです。

 

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ

 

などの家電は早急に必要なものですが、家具については急がずに良く考えて決めましょう。ラック、ベット、ソファ、テーブル、テレビ台などは組み立て式の物が多く、買ったは良いけど一度に組み立てようと思ったら想像以上に大変で泣きたくなった経験を持つ女性は多いのです。

 

ひとつひとつの梱包から出るゴミの量もすごいので、資源ゴミの日までの確保も、当日捨てに行くのも大仕事になってしまいます。

 

また、通販の激安家具などで一揃えしてしまうのも慌てないことです。せっせと梱包をほどいたら、驚くほどチープな商品である場合もあるし、ベットの背板がすぐ外れたり、左右にギシギシ動いてしまうなんてこともあり得ます。

 

返品のために梱包し直すのも、大変過ぎます。女性にとって、買い物の失敗は大きなストレスになるので、ここでも大切な女性ホルモンのバランスを崩す原因となってしまいます。

 

せっかくワクワクの新しい生活の初めに、大量の家具を組み立てる試練に涙したり、粗悪品にイライラしたりしないように、ゆとりを持って揃えて行きましょう。

数は少なくても気に入ったキッチン用品で楽しく過ごす!

一人暮らし 必要なもの 女性忙しい毎日での自炊は大変です。ついつい手を抜いてしまいたくなります。でも、毎日市販のお弁当やコンビニ食では、お財布にも厳しいし、栄養が偏りまた女性ホルモンを失うことにつながってしまいます。

 

そこで、女性は気に入ったものを見ると幸せな気持ちになるので、気にいったキッチン用品を集めると自炊の面倒くささが激減します

 

すべて一度に購入しようとすると「かわいい物は高くて買えない!100均じゃなきゃ無理!」と思ってしまいますが、徐々に揃えて行けば300円でも500円でも買う事は可能になります。

 

「早急に必要なもの」、「消耗品」、などこだわりの無い物と、毎日使う「お箸」や「キレイなお皿」「スポンジ」などまで、こだわりたい物とに分けて考えると、自然と食事が楽しく大切なものに感じてきます。

 

また、こだわりの無い物で溢れた生活をしていると、物を大切にする気持ちが乏しくなり、だらしなくなりがちなのです。たとえ100均でも本当に欲しいものだけを購入するように気をつけましょう。

 

100円なんだから買っておこう!は一人暮らしの最初には不要です。気が付いたら不要な物に囲まれていることになってしまいますよ。

 

一人暮らしを楽しく過ごすためには、気に入ったものを探して徐々に揃えるくらいの気持ちの余裕が必要なのです。

まとめ

女性が一人暮らしを始める時は、「安全性」を確保することが必要です。

 

物件を決める時も、十分に想像力を働かせて決める必要があります。周囲の環境を知るためには、昼だけではなく、夜の状態も確認しておきましょう。

 

引っ越し当日から慌てて買い物に出かけたりしなくて済むように、初日の準備はシッカリしておきましょう。引っ越しの片づけは、夢中になると外から丸見えになっていることもあるので、十分に気をつけなくてはいけません。

 

家具は本当に必要なものか、生活をはじめてから購入すると失敗が少なくすみます。一度に揃えず、ゆっくり決めて行きましょう。

 

キッチン用品も同じです。すぐには必要ないものまで100均で揃えてしまわずに、生活の中で「あれが必要だな」と感じてから気に入ったものを購入するようにしましょう。

 

ゆとりを持って本当に必要な物を選び安全に一人暮らしを始めると、女性ホルモンも充実するし、お料理の腕も上がるしで一石二鳥なのです。

 

ワクワクの一人暮らしが楽しく始まりますように。

 

参考:一人暮らしの生活費はどのくらい必要?女性が気をつけるべき点は?

 

スポンサーリンク