スポンサーリンク

一人暮らし 間取り初めての一人暮らし、一人暮らしで引っ越しを考えている。そんな時に迷うのが「どんな間取りがベストか」です。

 

ワンルームがいいのか、1Kがいいのか?それとももっとゆとりがあった方がいい?

 

そして、狭いお部屋にありがちなごちゃごちゃを解消して広くスッキリ見せる方法も伝授していきます。

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしの間取りで多いのは?

一人暮らし 間取り一人暮らしの間取りで多いのは、1R・1K・1DK・1LDKです。なんとなくイメージできるかもしれませんし、本当にこれから一人暮らしをするのが初めてで実家の一戸建てしか知らないという場合にはあまり違いがよく分からないかもしれませんね。

 

では、それぞれについて解説していきましょう。

1R

ワンルームというのは、お部屋の中にキッチンが一緒になっているタイプです。メリットとしては居室(寝室を兼ねる)が広く使えることに加え、一番賃料が安くなるタイプのお部屋ということがポイントになります。

 

デメリットとしては、お料理のにおい・ゴミの臭いなどが気になりやすい間取りということです。こまめに換気をしないとお料理のにおいがお部屋に充満してしまうこともあります。ゴミ箱はなるべく外に置くようにするなどの工夫が必要にもなるでしょう。

1K

こちらは、キッチンがお部屋の外の廊下のような部分にあるというタイプで、今の一人暮らし用の物件では主流です。やはりキッチンがお部屋の外にあるので、においが気になりませんし、清潔感がありますね。

 

人気があるだけあって、新しい物件であれば水回りなどもしっかりしていて使い勝手がよいものが多いのも嬉しいポイントです。ただ、キッチンのスペースを確保するために居室が少し狭くなる傾向にあります。

1DK

こちらは、一人暮らしではかなりゆとりのある間取りになります。Dというのはダイニングのことで、食事をするスペースという意味ですね。寝室と食事をするスペースを別に分けることができる物件です。快適性はかなりのものです。

 

しかし、設備が整っていて快適な分、1Kや1Rに比べて賃料が高くなります。お部屋にいる時間が長いので、快適性を追求したいという場合向けになるでしょう。

1LDK

こちらは、1LDKのダイニング部分がかなり広いタイプを指します。具体的に言うとリビングダイニング部分が8帖以上というかなりの広さです。快適さでは申し分なく、人がよく訪ねてくるという場合にも十分対応できるでしょう。

スポンサーリンク

 

しかし、一番気になるのはやはりお値段です。一人暮らし向けのその地域の相場と比べるとだいぶ高めに感じるでしょう。

 

参考:ベッドはシングル派?セミダブル派?メリット・デメリットまとめ

 

このようなタイプの間取りが一人暮らし向けのお部屋の定番です。迷ったら、自分がお部屋にどれくらいの時間居るのか、料理はするのか、人が訪ねてくる頻度はどれくらいか、などをイメージして考えてみるのがおすすめです。

キッチンは部屋の外がいい?

一人暮らし 間取り金銭的な問題もあるかもしれませんが、1Rと比べて格段に賃料が高いということもありませんので、できれば1Kの方が長い目でみて快適に過ごせます。

 

作って食べている時には「いい匂い」とか「おいしそう」と感じるお料理のにおいですが、関係ないときにずっと匂っているのは落ち着かなくなってしまうものです。料理だけでなく、生ゴミやこれから片付ける食器のにおいも気になるでしょう。

 

そういう意味では、キッチンはお部屋の外にある方をおすすめします

 

しかし、賃料を安く抑えながら、居住スペースの広さにこだわりたいという方もいるでしょう。もし、ライフスタイル的にあまり料理をする時間がなさそうということであれば、臭いの問題はそこまで気にしなくて大丈夫なので、1Rでも十分です。

 

ゴミ箱をバルコニーなど外におき、カラスや猫がいたずらできないタイプのものにしておけば、ゴミのにおい問題も解決できるでしょう。

 

参考:一人暮らしで必要なものはニトリで揃う!でも費用は?

 

はじめての一人暮らしなら、この二つが主流になるかもしれませんが、予算に余裕があり、生活の快適性を追求したいなら1DKや1LDKなどの物件も視野にいれて検討してみるとよいですね。

お部屋を広くすっきり見せる方法は?

まずは、背の高い家具を置かないことがポイントになります。背の高い家具は圧迫感を感じさせてしまいますので、ベッドの下の収納などを活用し、背の高いチェストなどは一人暮らしの小さめのお部屋にはあまりおすすめしません。

 

ちなみに、同様にベッドもあまり高さがないものをおすすめします。特にセミダブルなど広めのものを選びたい場合には、お部屋のかなりのスペースを占有しますから、背の高さを抑えましょう。この場合にはベッド下の収納が難しくなる場合もあります。その場合にはクローゼットを使いやすくカスタマイズして収納するとよいでしょう。

 

また、寒色系のファブリックもお部屋を広く見せてくれます。寒色系があまり好きでなければ、白やアイボリーなどを中心に少し寒色系の柄が入っているようなカーテンやマットがおすすめです。

まとめ

一人暮らしの間取りで一般的なのが、1R・1K・1DK・1LDKです。

 

中でも1Kは清潔感とコストパフォーマンスのバランスが良く人気となっています。寝室として使うお部屋の中にキッチンがないので、ゴミやにおいの問題が気になりにくいのですね。

 

その他の間取りも値段とライフスタイルの兼ね合いが良ければ、視野に入れて実際に物件に足を運んで生活をイメージしながらお部屋を探していきましょう。

 

スポンサーリンク