水道水 飲める日本は全国でも数少ない「水道水を飲める国」です。

 

でもそれは塩素による消毒あってこそです。残念ながら、水道水が「臭い」と感じてしまうのは、安全を確保するために必要な塩素の臭い「カルキ臭」なんですよね。

 

そこで今回は、そもそも水道水は飲んでも大丈夫なのか・・・と言うことや、注意点やおいしく飲む方法などについてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

水道水って飲んでも大丈夫なの?

水道水 飲める東京都では、「東京の水道水がどれだけ美味しくなったか」と言うことについて、さかんにアピール広告や街頭アンケートなどをしています。

 

参考:一人暮らしの食費は簡単に節約!何から始めれば良い?

 

いまでは、ペットボトルで販売されるほど美味しく生まれ変わりましたね。それなのに、まだ「水道水」に対する不安がぬぐい切れないのには理由があります。

 

この東京水は、浄水場で出来上がった安心安全なお水ですが、この水は都民すべてのお宅の水道から出てくる水とは違うのです。マンションなどの集合住宅には、貯水タンクがありますね。

 

水道局の管轄は敷地の入口までなので、建物の屋上に設置されているような貯水タンクの管理は、オーナーや管理会社の責任になります。

 

ずさんな管理が問題となったケースが多かったため、新築マンションなどは「水道管直結方式」となり、貯水タンクにいったん溜めると言う供給方法は無くなりつつあります。

 

自分が住んでいる建物に、タンクがあるかどうかは見ればすぐに確認できますので、知っておいた方が良いですよ。

 

きちんと施錠しなかったことが問題で中に異物が混入したり、サビが発生してしまっている場合があります。そんな事を考え始めたら飲むのが不安になりますよね。

 

せっかく「東京水」とキレイなお水を売っても、実際に水道から出てくる東京の水は管理次第で危険な水になってしまうのはもったいない話ですね。できれば、「水道管直結方式」の集合住宅を選んで、安心して水道水を使用したいものです。

水道水の気になるカルキ臭!無くす方法はある?

水道水 飲める水道水は「沸騰させて飲むと良い」と言われます

 

沸騰させて冷ました水は、カルキ臭が抜けて臭くありません。これは塩素が抜けたと言う事なので、消毒の役目も無くなっています。

 

参考:部屋干しで役立つ便利グッズは紐?使えるものが沢山!

 

やかんなどで多めに沸騰させた水は、その日のうちに飲むようにしましょう。

 

カルキ臭は、水道水をコップに入れて15分ほど放置することでも無くなります。気になる場合はすぐに飲まずにすこし置いてから飲むと気になりません。

スポンサーリンク

水道水には発がん性物質が入ってる?飲んでも大丈夫?

昭和30~40年あたりは、全国的に水と言えば水道水、井戸水、湧き水しかなく、なんの抵抗も無く蛇口をひねれば出てくる水を飲んでいたのです。

 

昭和40年以降になると、首都圏に団地やマンション群が立ち並ぶようになり、浄水場での浄化が間に合わず「水道水が臭すぎる」「美味しくない」「飲んだら病気になる」などと言われ、極力そのまま飲まないようになりました。

 

その後、浄水場の設備向上や数の増加など、水道局の並々ならぬ甲斐あって、安全なお水が水道から出るようになったのです。

 

が・・・実は、その安全性を高めるために入れている「塩素」による弊害に、「トリハロメタン」と言う発がん性物質があるのです。

 

もちろん、トリハロメタンの量は、人間が一生涯水道水を飲んでも害はない!と厳しい基準をクリアしているのですが、これは実際のところ「本当かどうかわからない」と言うところですね。

 

ガンになってしまっても、原因が水道水だと限定することは大変難しいですし、いくら害はないと言われても「発がん性物質」であることには変わりはないのです。

 

また、トリハロメタンは沸騰した直後は、量が3倍になると言われています。塩素を取り除くために沸騰させる場合は、15分以上沸騰させ続けるか、冷ましてから飲むとトリハロメタンは激減しています。

水道水を安全に飲むにはどうしたら良い?

水道水 飲めるでは、結局のところ水道水は飲めるの?と言うと、「飲めます!けど完全に自己責任なので、心配なら浄水器をつけると安心ですよ」、と言う話に落ち着きます。

 

浄水器も色々出ていますね。簡単に水道の蛇口につけられるカートリッジ式のものが主流ですが、値段もピンからキリまであります。

 

日本の水道水の場合、異物や発がん性物質をろ過できれば良いので、そんなに高いものをつける必要はありません。ホームセンターで手軽に購入出来るもので十分です。

 

でも、カートリッジを取りかえるのが面倒で着けっぱなしになる事も心配なので、そんな時は月々定額支払いで取り換えでくれる「レンタル浄水器」もあります。

 

また、キッチンや水の利用法によっても、浄水器を選ぶことができます。

 

  • 蛇口取り付け型
  • 据え置き型
  • ポット型
  • アンダーシンク型

 

など、使いやすいタイプを選ぶことができます。

 

また、水道水を飲み水として使わずに、ペットボトルのミネラル天然水を利用している人も多いですね。これは、地震国日本の場合、非常用にもなるのでとても便利です。

 

さらに、非常用にもなり、さっとお湯が出るためお茶やコーヒーにも使える「ウォーターサーバ」を利用している人も多いようです。

まとめ

水道水は飲んでも大丈夫なのでしょうか・・・安全基準はクリアしているものなので、問題はないのです。

 

マンションや世帯数の多いアパートなどに設置してある貯水タンクについては、水道局の管轄外になるので、敷地内の水に関してはオーナーか管理会社の責任になります。

 

自分が住んでいる物件の管理がずさんな場合は、貯水タンクの中に異物やサビが発生してしまっている可能性があります。

 

また、何となく不安だと感じる人は、水道に浄水器をつけると良いですよ。異物をろ過したお水が飲めるので安心です。

 

安全のためには、塩素が必要で、その塩素を入れることで発がん性物質のトリハロメタンが発生してしまいます。でもこれは、安全と判断されている量なので、やたらと怖がる必要はありません。

 

そのため、水道水を飲んだからと言って、すぐに体調不良に陥るような事はありませんのでご安心ください。飲んでも大丈夫ですが、より安心して美味しく飲むためには、浄水器を設置することをお勧めします。

 

スポンサーリンク