スポンサーリンク

 

 夏の楽しみといえば、「土用の丑の日」に食べる「うなぎ」があります。かば焼きにひつまぶし、様々な楽しみ方がありますね。うなぎはスタミナが付く食べ物ですので、美味しく食べて暑い夏を乗り切りたいところですよね。

 

 家族で楽しみたいうなぎですが、小さなお子さんや赤ちゃんも楽しむことはできるのでしょうか?今回は、うなぎを食べてよい年齢やアレルギーについてお話ししていこうと思います。

 


スポンサーリンク

うなぎは何歳頃から食べられる?

うなぎ,赤ちゃん,年齢,アレルギー,子供,うなぎごはん

 

 うなぎは小骨があり、小さな子供には危険です。赤ちゃんの離乳食で細かく切ってあげるお母さんもいると思いますが、取りきれない小骨があった場合、喉に引っ掛かるなどして危険なことも。また、脂分も多いので、消化不良を起こすこともあります。ですので、おすすめされているのが2才頃からということです。その頃になると、噛む力や消化機能も強くなってきているので、安心して食べることができます。

 

 

こちらのうなぎの記事も合わせてどうぞ♪⇒うなぎの栄養価で得られる効果効能とは? カロリーはどれくらいなの?

 

うなぎのアレルギーはあるの?

うなぎ,赤ちゃん,年齢,アレルギー,子供,うなぎごはん

 

  「魚介アレルギー」という言葉をご存知ですか?これは魚の持つ「パルプアルブミン」という抗原が引き起こすアレルギー症状のことです。うなぎにはそのようなアレルギーはないと思われている方も多いと思いますが、実はうなぎを食べた直後に唇が腫れたり、蕁麻疹が出たり、嘔吐したりすることもあるのです。これも、「パルプアルブミン」と類似抗原によるアレルギー反応なのです。

スポンサーリンク

 

 また、粗悪なエサを食べて養殖された外国産のうなぎなども危険です。エサに含まれている有害物質がうなぎに蓄積している場合があり、そのようなうなぎを食べた場合、有害物質がアレルギー症状を引き起こすことがあるようです。

 

 ですので、お子さんに与える場合は、安心して食べられる産地のうなぎを選び、少しずつ食べさせた方が安全だと考えられています。

 

小さな子供におすすめの食べ方は?

うなぎ,赤ちゃん,年齢,アレルギー,子供,うなぎごはん

 

 大人のように、ドーンとうな重を与えるのはさすがにどうかと思いますよね。食べづらいはずです。

 

 おすすめの食べ方は、うなぎのかば焼きを細かく切って(できるだけ骨は取り除いてあげましょう)、ご飯にまぶしてあげる「うなぎご飯」!ゴマや細かく切った大葉と一緒に食べると栄養満点!うなぎが小さいので、小さなお子さんでも食べやすいんです。この「うなぎご飯」をさらに一口大に分けてにぎった、「うなぎおむすび」もおすすめです。箸やスプーンを持つのが苦手なお子さんでも、楽に食べることができますよ。ぜひ、お試しください!

 

うなぎ,赤ちゃん,年齢,アレルギー,子供,うなぎごはん

 

 いかがでしたでしょうか?小さなお子さんには一工夫することで、家族みんなでうなぎを楽しむことができます。骨をとる作業など多少手間はかかりますが、みんなで笑顔の時間を過ごす為なら惜しい手間ではないと思いませんか?

 

スポンサーリンク