スポンサーリンク

 

一人暮らしのおうちのクローゼットの奥行きがなんだか狭くて服が入らない!というお悩みを抱える人は少なくありません。

 

ファッションに気を使うと、服を厳選したとしてもなかなか減らせないものですよね。

 

そんな奥行きの少ないクローゼットでも十分に服などを収納する方法について考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

アパートやマンションのクローゼットの奥行きが狭い!

クローゼット 奥行き最近では一人暮らしの物件でもしっかりとクローゼットなどの備え付けの収納があるところがほとんどです。ない場合もあるので、まずはクローゼットがあったということを喜びたいものです。

 

でも、今まで実家などに住んでいた人からすると収納の少なさ、クローゼットの奥行きの狭さに驚いてしまいますよね。一戸建てによくあるウォークインクローゼット、和室の意外とたっぷり入る押し入れとは比べ物にならないことがほとんどです。

 

でも、一人暮らしという訳なのでどうにかそのお部屋の収納でまかなわなければなりませんね。最終手段として季節外のアイテムを貸し収納に、という方法もないことはないのですが、毎月の固定出費が増えてしまい現実的ではありません。

 

参考:洗面台下の収納を有効活用!収納を増やす方法と置いてると便利なもの

 

そんな一人暮らしの狭い・奥行きの少ないクローゼットをどういう風に活用したらよいのかについて考えていきましょう。

収納するための工夫とは?

クローゼット 奥行き

まずは、収納の基本である仕分けを行いましょう。とりあえず、本当にいらないものがないか、実は使っていないものがないかという風にある程度厳しい目でチェックして仕分けを行うのが少しでも無駄をスリムにダイエットさせるコツですよ!

 

仕分けができたら、何をどこにしまうのか完成図をイメージしましょう。それによってクローゼット内をどういう風に改造していくのかが決まってきます。たとえば、帽子やカバンをつぶれないようにしまいたい、とか服をかけるところが欲しいなどの希望です。

 

完成図が大まかにイメージできたら、実際にどんな設備を増やしてクローゼットの収納力をアップさせるのか具体的に決めていきましょう。そのままだと奥行きが狭くてどうにもならないクローゼットでも、縦の空間を活用すれば意外と収納がたくさんできるようになります。

 

買っておきたいアイテムとしては、

 

  • 突っ張りポール
  • 突っ張り棚
  • ポールにかけるタイプの布製の収納グッズ
  • ファイルボックス
  • 奥行きに合った衣装ケース

 

このあたりが便利なグッズです。

 

突っ張りポールが元々ある場合には必ずつけなければいけないということはありませんが、当然2段にすればより服がたくさん収納できます。また、突っ張り棚もとても便利ですし、家そのものを傷つけないので賃貸でも安心ですね。カバンや帽子などの軽めのものををきれいに上の方にしまうのに適しているでしょう。

 

クローゼット 奥行き

スポンサーリンク

引用元:http://ameblo.jp/kotori0608/entry-12094812601.html

 

クローゼットの幅や奥行きの関係でちょっと服をかけられる量が足りない!というときには、縦と横に突っ張りポールをすることをおすすめします。格段に収納量がアップしてデッドスペースもなくなります。

 

また、ポールにかけるタイプの布製収納グッズも最近注目されています。軽いものを仕分けながら一目でわかる収納ができるのがポイントです。帽子・スカーフ・ベルトなどの軽いけれどごちゃごちゃしがちなものをスッキリさせてくれますよ。

 

16700111

引用元:http://www.sekaikagu.net/products/detail16700112

 

吊り下げるタイプの収納というとイメージが分かりにくいかもしれませんが、画像のような感じで軽めのマフラー・ストール・ネクタイなどの布小物などをスッキリ整理するのにとても便利です。ごちゃっと箱に入れてしまうとなくしやすいアイテムもこれなら、すぐに見つけられますね。

 

細かいものは突っ張り棚などの上にファイルボックスやカゴで整理するのがおすすめです。ラベルを貼ればアイテムの迷子も防げてさらにGOODです。

 

クローゼット 奥行き

引用元:http://sososos030303.blog.so-net.ne.jp/2015-05-26

 

もともとクローゼットに棚がない場合はこのように突っ張り棚を作るのがおすすめです。軽めだけれどかさばる、帽子や小物などをしまう場所になります。そして、整理する時にはこの写真のように色をモノトーンなどお部屋のイメージに合わせた色で統一するのが大切ですよ。

 

最後に、奥行きに合った衣装ケースを選びましょう。まさかの「入らない!」という事態を防ぐために、あらかじめメジャーなどで奥行を図ってから収納を買いに行くと安心です。季節ごとに分ける、アイテムごとにわけるなどの仕分けがのちのちまできれいにしまうコツですね。

 

ちょっと驚くアイデアとしては、小さめのラックをクローゼットの中に入れてしまうというアイデアがあります。そんなことをしたら余計に狭くなるような気がするかもしれませんが、何段にも物を分けて収納できるというのは奥行きのない収納を使っている人には嬉しいことです。

 

参考:【一人暮らし】効率よく服を収納するには?狭くても大丈夫!

 

狭い収納をなるべく活用するコツは、縦の空間を活用すること。上、中、下など空間を活用することを意識すれば、意外と狭いクローゼットでも必要なものが取り出しやすい収納になります。まずは、仕分けから始めましょう。

100均とプチプラ家具屋さんが便利?

上で紹介したアイテムを全部そろえるとお金がかかって仕方ないのでは?と不安になりませんか?

 

確かにあまり見えないところにまで、おしゃれなお店でそろえてしまったらお金がかかってしまいます。しかし、シンプルに収納するということを考えるなら、100均とプチプラで有名な家具屋さん・ホームセンターで十分です。

 

また、100円ショップでは通販はやっていませんが、家具屋さん・ホームセンターなどはネットショッピングにも対応しているところがほとんどです。車がないから買ってくるのが難しいという方におすすめの方法は、実際にお店に行って素材感や使い勝手などをチェックして、ネットで買うという方法。これなら重たいものを持って帰る必要もありません。

 

これらのプチプラ収納を安っぽくなく、おしゃれにすっきりとまとめるコツは色を統一することです。お部屋全体のイメージから浮かない色で統一していきましょう。色が揃っているだけで見違えるようにすっきりと見えますよ。

まとめ

一人暮らしのお家にありがちな、奥行きの狭いクローゼット。

 

この収納の少なさを克服するためには、縦の空間をしっかりと活用することがカギになります。突っ張りポールや棚、ラックなどをフル活用して、どこに何があるのか一目でわかる収納を目指しましょう。

 

ちなみに色をそろえれば、プチプラ収納でも安っぽくごちゃっとした感じにはなりませんので、色にも少しこだわってみてくださいね。

 

スポンサーリンク