スポンサーリンク

栄養ドリンク 風邪 飲むタイミング ノンアルコール ノンカフェイン

「今日はどうしても仕事(学校)が休めない!」

 

こう思ったことはありませんか?風邪はつらいですよね。気をつけていても、かかるときはかかってしまいます。

 

体はだるいし、なんだか寒気も……。会社は休めないし、どうしようかな……とお困りのあなた、そんなときこそ栄養ドリンクです!

 

今回は、「風邪をひいたときの栄養ドリンク」についてお話ししていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

風邪をひいたら栄養ドリンクは正解?

栄養ドリンク 風邪 飲むタイミング ノンアルコール ノンカフェイン

参考:風邪で仕事は休むべき?休めない時はどうすれば良いの?

風邪をひいたときに飲むといい理由

ちょっと風邪っぽいな……と思ったときには、栄養ドリンクがおすすめです

 

もちろん、栄養ドリンクはお薬ではないので風邪を治すために飲むのではありません。風邪をひいたとき、体力が落ちたり、食欲がなくなったりしますよね。

 

こんなときの栄養補給として、ドリンク剤がおすすめなんです。最近では、コンビニでも多くの種類を取り扱っているので、手に入れるのも簡単ですよね。

飲むタイミングは?

基本的にはいつ飲んでも大丈夫な栄養ドリンクですが、早く回復したい、仕事をしなくてはいけない、など人それぞれ飲む理由がありますよね。

 

参考:風邪ひきそう!お風呂場が寒い時にできる対策とは?

 

まずは、食後です。栄養の吸収がいいので、このタイミングがおすすめです。次に、眠る前。風邪をひいているときは体力が落ちて疲れやすいので、栄養補給してぐっずり寝ましょう。

 

ただし、これはノンカフェイン栄養ドリンクに限ります。そして、風邪をひいても仕事は休めないという場合。出社前に飲んでおくといいでしょう。このタイミングで栄養補給し、無事に一日を乗り切りましょう。

どんな栄養ドリンクがおすすめ?

栄養ドリンク 風邪 飲むタイミング ノンアルコール ノンカフェイン

風邪をひいたとき用の栄養ドリンク

各メーカーから、風邪をひいたときに特化した栄養ドリンクが販売されています。どんなものがあるか簡単にご紹介しますね。

スポンサーリンク

 

  • ゼナジンジャー(大正製薬)→生姜(ショウキョウ)などの14種類の生薬配合。ノンカフェイン。
  • エスタック滋養内服液GOLD(エスエス製薬)→8種の生薬配合。発熱で体が辛いときなどに。ノンカフェイン。
  • リコリス「ゼンヤク」ゴールド(全薬)→甘草(カンゾウ)をはじめ、7種の生薬エキス配合。胃腸機能低下時にもおすすめ。ノンカフェイン。

 

このほかにも風邪をひいたときに特に効果があるドリンクはあります。今回は、ノンカフェインに絞ってご紹介しました。

ノンアルコールの栄養ドリンク

ドリンク剤にはアルコールがわずかですが配合されています。妊娠しているときなどはアルコールが気になるという方もいますよね。栄養ドリンクにはノンアルコールのタイプもあるんです。

 

  • リポビタンフィール(大正製薬)→女性向けにつくられたフルーティーな栄養ドリンクです。風邪のときにも安心して飲めます。もちろん、ノンカフェインです。
  • ビオママUP(明治)→滋養強壮に。ビタミンB、タウリン配合。こちらもノンカフェインです。授乳中でも大丈夫!

 

アルコールが心配という方でも、気軽に飲むことができますね!

飲んではいけないタイミングはある?

栄養ドリンク 風邪 飲むタイミング ノンアルコール ノンカフェインまずカフェイン入りの栄養ドリンクを飲むことは眠る前にはおすすめしません。

 

栄養ドリンクにはカフェインが入っている場合があります。カフェインはコーヒーなどに含まれていますね。カフェインには、交感神経を刺激し、眠気を抑える効果があります。もうひと頑張りしたいときなどに、眠気を吹き飛ばしてシャキッとするために栄養ドリンクを飲むことがありますよね。

 

お気づきかと思いますが、風邪のときはシャキッとするよりも安静にした方がいいですよね。目が冴えて眠れなくなって、風邪が長引くことも考えられます。ですので、眠る前は避けた方がよさそうですね。

薬と同時に飲むのは危険がある?

栄養ドリンクメーカーのHPを見てみると、風邪薬と飲んでも問題はない、と書かれている場合があります。

 

注意として、飲むときは医師に相談することも記載されていますね。 一見問題なさそうですが、実は風邪薬の用法用量を間違えると、肝臓に負担がかかるのです。

 

また、栄養ドリンクには微量ながらアルコールが含まれています。アルコールも肝臓に負担をかけますよね。風邪をひいていると体力や免疫力が低下しています。ちょっとのことで肝臓が悲鳴をあげることも考えられますので、同時に飲むのは避けた方がよさそうですね。

 

また、薬とカフェイン入りの栄養ドリンクを一緒に飲むと、カフェイン摂取過剰にもなりえます。これもおすすめしない理由です。(※ノンカフェイン・ノンアルコールの場合はこの限りではありません)

でも、このタイミングでしか飲めない!

上記のタイミングでしか飲めない……というまさかの事態になることも考慮しておきましょう。

 

何があるかわかりませんよね。もう答えがわかっている方が多いとは思いますが、改めて書きますね。そんなときは、「ノンアルコール」「ノンカフェイン」の栄養ドリンクです。

 

上記のリスクを避けられ、体力の回復を図るのであれば、やはりこれらがおすすめになってきますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「風邪をひいたときの栄養ドリンク」についてお話ししてきました。

 

風邪のときは体力が落ちて体が重くなり、もうやる気もなくなります。それでも仕事には行かないといけない人はたくさんいますよね。上記の栄養ドリンクや飲むタイミングを参考にして、元気を取り戻しましょう!きっとすぐによくなりますよ!

 

スポンサーリンク