スポンサーリンク

年末 大掃除 計画 仕方年末の一番のイベントといえば、大掃除ですよね~.大掃除の計画は立てていますか?

 

無計画に大掃除しようとすると、無駄が多くて大変なので計画を立ててやると効率が良くておすすめです。

 

今回の記事では大掃除の計画をどうやって立てるか、ということを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

年末の大掃除の計画や仕方

年末 大掃除 計画 仕方

大掃除をする前に頭に叩き込んでおくべき掃除の心得があります。

1.不要なものはあらかじめ処分せよ

大掃除をする前にあらかじめ、絶対にいらないと思われるものは捨てておきましょう。そうすることで大掃除をするときになって、掃除ではなくていらないものといるものを分ける”選別”という作業を追加でしなくてはなりません。

 

大きなゴミは処分する日が決まっているので前もって調べておきましょう。また、大掃除する前になるべく空き缶やペットボトルといった日常的に出るゴミについてもためたりせずに出来るだけ減らしておきましょう。そうすることで掃除をすることだけに集中できます。

2.上から下へ向かって掃除せよ

まずは、天井にある照明器具に付着したホコリ等を下に落としましょう。下から掃除して上を掃除するとせっかく下を掃除したのに上からホコリが降ってきて掃除した成果が台無しになってしまいます。絶対に上から下へむかって掃除しましょう。

3.外から内へ向かって掃除せよ

掃除機や拭き掃除は部屋の隅から初めて中央に向かって掃除するのがおすすめです。窓掃除も同じです。理由としては、例えば一度家具を違う部屋へ出して掃除することを考えてみてください。

 

一度家具を違う部屋に出すといっても、おいておくスペースは限られているのでおそらく少し出しては掃除して、少し出しては掃除…と言った流れになりますが、その家具は部屋の隅っこにあるものから出していったほうが掃除がしやすい、といったことを考えるとわかるでしょう。

スポンサーリンク

4.いくらかの日程に分割せよ

一日で大掃除をすべて終わらせようとするのはなかなか難しいことだと思います。三階建ての一軒家や家が広い、という方にはなおさら難しいことです。そこで、詳細はあとに譲りますが、いくらかの日程に分割することをおすすめします。

 

場合によっては、大掃除の一ヶ月前に細々としたものは整理しておく、といった方法もおすすめです。例えば、家の中で、ものが積み上げられたままになっているところがあれば、事前に箱に収納しておくなどすると、大掃除するときに細かな単位で掃除しなくて済むので便利なやり方です。

 

もちろん箱に収納する際に綺麗にしておきましょう。

5.道具を豊富に用意せよ

いざ大掃除をするという時になって、掃除道具がないというような自体はできるだけ避けたいので、前もって道具や洗剤の予備を揃えておき、雑巾やボロ布についてもたくさん用意しておきましょう。

 

これらの道具はひとまとめにしておくといちいち取りに行ったりしなくて済みます。毛が曲がってしまった歯ブラシなどは有効活用できるのでお試しあれ!

具体的な大掃除の計画の立て方

年末 大掃除 計画 仕方あらかじめ行っておくべき処理のことを考えて、一ヶ月ぐらい前に計画を立てておくことをおすすめします。また、家族の分担を考えておくとスムーズに掃除が進みます。以下に計画の立て方を列挙しますね。

1.家全体の汚れ具合を確かめる

ただ漠然とどこそこを掃除しよう、という計画では効率化を図ることができません。

 

なので、部屋すべてを確かめて、部屋の中も項目を分けて、それぞれの項目に対して評価を例えば◎ほとんど掃除しなくて良い ◯普通に掃除する △かなり掃除しないといけない というふうに分けておくと、どこに時間をかければよいのか一目瞭然ですね。

2.タイムスケジュールを作る

実際に、大掃除に当てることのできる日数と、時間を決めましょう。1.で部屋別の汚れ度合いがわかると思うので、総合的にかなり掃除しないといけない部屋からせめて行くのが良いと思います。

 

タイムスケジュールは学校の時間割のように一時間単位で作っておくのがよいでしょう。休憩の時間は豊富にとっておき、予備の時間を設けておくと計画倒れを防ぐことができます。

まとめ

今回は大掃除するときに時間短縮をするためのテクニックを紹介しました。

 

計画をたてることはもちろんですが、単なる掃除する場所が書いてある計画ではなく、お家の現状を反映した計画にすることで無駄を省くことができる、ということまでご紹介したのでぜひ参考にしてくださいね。

 

また、細々とした掃除の方法論を身につけておくと更に無駄を省くことができるのでぜひともお試しください。

 

スポンサーリンク