スポンサーリンク

賃貸 審査 期間賃貸マンションを契約しようと思った場合、審査に数日かかることを考えなくてはなりません。

 

また、賃貸物件は書類を出せば誰もが借りれると言うわけではないのです。

 

そこで今回は、賃貸マンションの審査にかかる日数や、どんな審査が行われるかなどをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

賃貸マンションの審査の期間は何日くらい?

賃貸 審査 期間賃貸マンションの審査の期間は、人によって違いがあります。

 

また、貸し手側の繁忙期や担当者の休日、大家さんの不在などによっても変わってしまうため、実際には2~3日で連絡が来ることがほとんどですが、余裕を持って「1週間ほどかかる場合がある」と言われることが多いです。

 

参考:【初めての方必見!】賃貸マンションの契約で必要な物は?

 

住み替えで物件を探している時は、ギリギリになっていることもあり、審査に何日かかるのか不安になる場合もあるかもしれません。そんな時は、申し込みの時にその旨伝えておきましょう。

 

ただし、あまりしつこく急き立てると、「何か悪いことでもして追い出されるのか・・・」など勘ぐられて落とされることもあるので落ち着いて対処しましょう。

賃貸マンションの入居審査を早く進めるには申し込み時にすべて揃えておく!

賃貸 審査 期間賃貸マンションの契約

  1. 物件を探す
  2. 気になる物件を内見する
  3. 気に入った物件を申し込む
  4. 入居審査
  5. 契約

 

賃貸契約にはこのような流れがあります。少しでもスムーズに行かせるためには、気に入った物件を見つけたらすぐに申し込めるように準備しておきましょう。

 

参考:賃貸マンションの壁に穴が開かない画鋲が登場!他の画鋲と何が違うの?

 

申し込みには、連帯保証人の情報も必要です。気に入った物件を見つけてから保証人を探していたのでは、どんどん遅くなってしまいます。

 

連帯保証人は親、収入の安定した兄弟、姉妹にしておくと早く通ります

スポンサーリンク

 

  • 住所
  • 氏名
  • 年齢
  • 職業
  • 収入

 

契約者、入居者(契約者と入居者が違う場合)、連帯保証人ともに、上記の情報が必要です。あらかじめお願いして教えてもらった保証人の情報は書き留めておきましょう。

 

入居審査は、書類だけではなく保証人などの説明をした時の言動などもみられています。

 

お願いしにくい状態だったり、連絡が取りにくい様子を見せてしまうと、不動産屋さんも「あれ?何か問題があるのかな?」と不振に思い入念に調べたり断られたりします。

賃貸マンションの入居審査って誰がするの?

賃貸マンションの入居審査は、借主からは「誰が決定権を持っているのか」「何を重要視されているのか」などはわかりません。万が一審査に落ちても、その理由は知らされなる事はないのです。

 

そのため、借主は誠意を持って申し込みをすることしか出来ません。

 

決定権は、

 

  • 大家さん
  • 大家さんと管理会社
  • 管理会社が委託されている
  • 保証会社が通れば良い

 

など、物件によってさまざまです。入居者に対して審査を慎重に行う大家さんの場合、ご自分で色々なネットワークを駆使して調べたり人柄や連帯保証人に対してもキチンと調べます。

 

怖いな・・・と思いますが、いざ入居することになったら、それがどれだけ日々の安心につながるか計り知れません。反対に保証会社が通れば即入居OKのようなところは、入りやすいですが、多種多様な人々が一緒の建物の中にいることになります。

賃貸マンションの入居審査!ちょっとの注意で期間が縮まる?

入居審査を早く済ませたい、通過したい、と思ったら、借主なりに注意すべきことがあります。

書類内容に不備が無いか確認する

これは当然ですが、ウソをついたりしてはいけません。収入を多く書いたり、大きな会社名を書いても、その後提出する書類ですべてわかってしまいます。

 

また、大家さんは実際に顔を合わせない場合が多いので、希望者の人物像については「不動産屋さんからの情報」と「筆跡」から判断することが多いです。

 

上手でなくても、丁寧に書いた字は誠意が伝わります。間違っても殴り書きのような書き方は良くありません。

保証人は近ければ近いほど良い

保証人は「家族内の親密度」にも関係してきます。大家さんにしてみたら、いざという時に希望者を助けてくれる家族が保証人でいてくれると安心なのです。

 

保証人への電話連絡で、「仕方がないからなっただけ」「そんなこと聞いてない」などと言われないように、保証人へも誠意を持ってお願いしましょう。

清潔感のある服装・言動・行動を心がける

これは、趣味や好みの問題ではなく、常識的な範囲からの見方です。

 

大家さんは、この人に自分の財産を貸しても良いかどうかを審査しているので、いかにもトラブルを起こしそうな人、不衛生になりそうな人は遠ざけたいと思うのは仕方ありません。

 

自分の趣味で派手な服装や装飾品をつけるのは勝手ですが、「人に何かをお願いする時に許される範囲」として、見極める事は必要ですね。

 

これらがスムーズにいけば、2~3日で良い返事を聞くことが出来ると思います。

まとめ

賃貸マンションの入居審査は、「一週間くらいかかるかもしれません」と言われつつも、通常の場合は翌日~3日で返事があります。すぐに申込書に書き込めるように、連帯保証人の情報は把握しておきましょう。

 

じっくり審査する大家さんや管理会社に丸投げしている大家さんなど、状況はさまざまですが、借主は誠意を持って申し込む以外に出来る事はありません。

 

自分を主張するより、常識を重んじて申し込みましょう。

 

参考:賃貸マンションを借りる時・退去時に注意したい事まとめ【随時更新】

 

スポンサーリンク