スポンサーリンク

賃貸 退去 連絡賃貸マンションに住んでいて、退去することが決まったら、最低1ヶ月前までに貸主に連絡しなくてはなりません。

 

この1ヶ月とは、ほぼどの契約でも同じだと思いますが、中には違うこともあるかもしれないので、必ず契約書を確認してみましょう。

 

ではもしも退去予告期間の1ヶ月を過ぎてしまうとどうなるのでしょうか。

 

そこで今回は、賃貸マンションの退去の連絡はいつまでにするべきなのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

賃貸マンションの退去の連絡はいつまでにするべき?

賃貸 退去 連絡ほとんどの賃貸契約の中で、解約予告の連絡は「最低でも1ヶ月前までに連絡すること」と書いてあります。

 

これは、前家賃を払い続けてきている限り、最後の月に家賃の振り込みがなくなるので、自分にとっても良い話なのです。退去すると言う事は、必ず次の生活の場に移るということなので、お金は新しい生活のために使いたいですよね。

 

参考:賃貸マンションの修繕費は平均どのくらいかかる?

 

最低1ヶ月前に連絡すれば、引っ越しも余裕があるし、片付けや掃除もちょこちょこと進められます。

 

「1ヶ月前に連絡する」のではなく、「最低でも1ヶ月前までに連絡する」と言う事なので、ギリギリまで待つことはありません。

 

退去することが決まったら、すぐに連絡してしまいましょう

 

中には2か月前まで、3か月前までと契約によって解約予告期間が違うこともあるので、必ず契約書を確認するようにしてください。

突然引っ越さなくてはならない場合の退去の連絡は?

賃貸 退去 連絡仕事上突然転勤の辞令が降りてしまったり、何かの都合で1~2週間で引っ越さなくてはならない場合は、1ヶ月分余計に家賃の支払いが生じます。

スポンサーリンク

 

これは、契約書に書かれていることなので仕方がありません。たとえ、そうであっても少しでも早く貸主に連絡しましょう。

 

参考:賃貸マンションの契約期間はだいたい何年?途中解約はできる?

 

契約書には、「解約予告期間を過ぎると1ヶ月分の家賃が発生する」と言う書き方ではなく、「1ヶ月分の家賃相当の金額を支払えば、即時解約することが出来る」と書いてあるかと思います。

 

貸主は借主の急な予定に合わせて立ち合い点検の予定を入れなくてはなりませんね。何とか出発までに点検と清算を終わらせてもらえるようにお願いしましょう。

 

何度も引っ越し先から戻ってくるのは、時間とお金の無駄になってしまいます。

次の住処の入居日が決まらない!管理会社への連絡はどうしたら良い?

住み替えなどで、次の物件の入居日がなかなかハッキリしない場合などは、とにかく今住んでいる賃貸の管理会社に連絡してその旨、伝えてしまいましょう。

 

新築マンションや一戸建てを購入した場合に起こりやすいです。

 

今が7月で、次の物件が8月中に受け渡しになるかわからない場合などでも、すぐに管理会社に連絡して、「受け渡し日がわかりしだいすぐに連絡する」という約束を取り付けておきましょう。

 

これが、ギリギリまで待ってしまい連絡が8月に入ってからになってしまうと、もしも8月末に引っ越しをしたとしても、9月分の家賃まで発生してしまいます。

 

「引っ越し代」「新居への初期費用」などがあるのに、さらに「9月分の無駄な家賃」が発生してしまい、かなりの痛手となります。

 

さらに、退去時の清算もあるので、無駄なお金を払っている場合ではないのです。

早めの連絡が喜ばれる訳は借主も次の予定が入れやすい!

借主の退去が決まると、貸主は

 

  • ハウスクリーニング
  • 畳の表替え
  • 襖の張り替え

 

の予定を入れます。借主も修繕費がどれだけかかるか不安ですが、退去時は貸主もお金がかかるのです。

 

出費のさいは、早めに予定が立てられる方がありがたいのは誰でも一緒ですよね。すぐに入居者募集の広告も入れなくてはならないので、貸主も忙しいのです。

退去連絡は貸主にだけではない!保険やライフラインも忘れないで!

貸主に連絡したタイミングで、同じように賃貸物件の総合保険の解約や、ライフラインの解約も必要になります。スッカリ忘れていた・・・と言う人も多いので注意しましょう。

 

保険は2年更新のところが多いので、更新月以外の解約の場合は月割りで掛け金が戻ってきます。また、ライフラインも日割りになるので、必要のないものから解約していきましょう。

まとめ

賃貸の退去連絡は、退去が決まり次第すぐに貸主に連絡してしまうのが1番です。契約書には、「最低でも1ヶ月前までには連絡するように」と書いてあることが多いですが、契約によっては2か月前、3か月前という場合もあるので、必ず契約書を確認してください。

 

どうしても退去予告期間が1ヶ月を過ぎてしまう場合は、家賃1ヶ月分を多く支払う必要があります。

 

これは出来る事なら抑えたい出費ですね。貸主にしても慌ただしくなるので早めに通告してくれた方が助かるのです。

 

退去連絡は、貸主だけではなく保険やライフラインへも入れなくてはなりません。忘れないようにしましょう。

 

参考:賃貸マンションを借りる時・退去時に注意したい事まとめ【随時更新】

 

スポンサーリンク