スポンサーリンク

引越し キャンセル何十社もある引っ越し業者。業者さんもお客の獲得に必死ですが、数ある業者の中から1社を選ぶ方も中々大変です。十分に考えて決めたつもりでも、後から安くてサービスの良い業者さんと出会ってしまうこともあります。

 

「引っ越し屋さん替えたいな・・・でもキャンセル料取られるのかな・・・」と心配で結局替えられなかった人もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、引越しのキャンセルについて詳しくご紹介します。キャンセル料やサービス品、無料でもらった梱包用品などについても気になりますね。

 

スポンサーリンク

 

引越しのキャンセルはできる?キャンセル料が発生するのはいつから?

引越し キャンセル引越し業者さんとの契約はほとんどの場合、「標準引越し運送約款」を元に決められています。

 

これは国で決められている約束事なので、これを破れば業者も利用者も違法と言うことになります。ただし、これとは別に約款を企業独自で作り、国土交通省に認可されている場合もありますよ。

 

業者は契約時に必ず約款を提示して説明しなくてはなりませんが、ほとんどの場合口頭ではなく、見積書の裏側に印刷されています。何だか細かい字でゴチャゴチャと書かれているけど重要だとは思っていない人が多いので要確認です。

 

この中には「キャンセル料」についてもハッキリと明記されています。

 

標準引越し運送約款 国土交通省告示 第8章 第二十一条

引越し前日のキャンセルまたは延期…見積書に記載した運賃の10%以内
引越し当日のキャンセルまたは延期…見積書に記載した運賃の20%以内

引越し料金LABより

 

運賃の・・・と言うところもポイントです。

 

見積書の合計が5万円だとしても、内訳が運賃3万円、人件費2万円だったら、3万円の10%~20%がキャンセル料となります。合計金額の10%~20%を請求してきた場合は支払う必要はありません。

引越しのキャンセル!オプションサービスはどうなる?

引越し キャンセルキャンセル料金は3日前までかかりませんが、引越しで業者さんにお願いするのは運搬ばかりではありません

スポンサーリンク

 

中でも多いのが「エアコンの取り外し」と「不用品の処分」、「引っ越し後の清掃」「梱包補助」などですが、エアコンの取り外しはシーズンオフの場合などは引越し日より早めに行ってしまう事が多いのです。

 

その時、次の住まいには新しいエアコンが付いているので処分してほしい・・・とお願いすることも可能です。このオプション料金は、見積書に書かれてはいても割引されていることが多いので実際にはかなりお得で助かってしまいます。

 

ところが万が一キャンセルとなったら、そこに記載されている「エアコン取り外し代」「処分代」は実費で支払う必要が出てきます。

 

今より2万円安い引っ越し業者が見つかったからキャンセルして乗り換えようとして、すでにお願いしたエアコンの取り外し代の請求が3万円だったとしたら、結局のところ損してしまいますので良く考えてからキャンセルするようにしなくてはなりませんよ。

 

3日前ならキャンセル料はかからないけど、すでにしてもらったサービスに関しては「実費」と覚えておきましょう

 

参考:しっかりチェック!引越しの際に手続きが必要な書類関係のまとめ

見積もりの時にくれるサービス品は要注意!キャンセルで買取も!

多くの業者さんから見積もりを取ると、たくさんサービス品を置いて行ってくれる業者や梱包用品だけの業者など会社によってさまざまです。

 

一見、「たくさんプレゼントしてくれたから、良い会社かも!」と思いますが、良く考えてくださいね。

 

サービス品は、業者が「キャンセルさせたくない!!」と思うからこそ置いて行く品物です。そのため、キャンセルするとなると「全部買い取って!」と言ってくる会社もあります。ほとんどの場合返却だけで済みますが、「持ち込み返却」か「郵送返却」となり、送料は実費です。

 

大量の段ボールとガムテープ・・・要らないと言っても「置くだけ置かせて・・・」などと言ってくる会社は良くありません。また、必要以上に品物をくれる会社も怪しいですね。

 

洗剤や食べ物を置いて行くこともあり、少しでも使ったり蓋を開けてしまったら料金を支払う義務が生じてしまいます。これらの請求に関しては「会社によって違う!」と言うしかありません。

 

比較的、全国区でテレビCMしているくらい大きな業者さんは、キャンセルでもめることは少ないようなのでサービス品についても安心と言えるでしょう。

 

必要な分の梱包用品しか置いて行かない会社は、一見サービスが悪いと思ってしまいますが、万が一の時は不要な出費を発生させない、優しい会社と考えられます

 

見積もりを取っただけで不要な出費が起こるようなことにならないように、必要の無い物は受け取らないようにしましょう。置いていくものに関しては、キャンセルしたらどうなるのかハッキリ聞いておきましょう。

 

参考:引越しに必要な期間はどのくらい?忙しい人はどうすれば良い?

まとめ

引越しのキャンセルは出来ます。キャンセル料については、3日前までは発生しないのでそれまでに連絡した方が良いのです。

 

ギリギリで引越しの予定が変更になった場合は仕方ないですが、違う業者に頼むことになるなど、自分の都合でキャンセルする場合は少しでも早く連絡を入れるようにしましょう。

 

業者さんも予定を組んでいるので、早くわかった方が良いに決まっていますのでね。

 

見積もりを頼んだ時のサービス品は、キャンセルのことも良く考えてから受け取るようにしましょう。

 

参考:引越しに必要な資金はどのくらい?引越し代を安くする方法も!

 

スポンサーリンク