スポンサーリンク

エアコン 掃除 スプレーエアコンを掃除せずに放置したりしていませんか?実は、そのせいで電気代が上がってしまっている可能性も!

 

自分でできるお掃除の正しい方法と市販されているエアコン用のお掃除スプレーの効果について考えます。

 

これからはもう少しこまめにエアコンをお手入れしてみませんか?

 

スポンサーリンク

 

エアコンの掃除の頻度と方法は?

エアコン 掃除 スプレーエアコンのお掃除ってしていますか?実はエアコンのお掃除の頻度は人によってまちまちだったりします。

 

マメにお掃除する派と「実は買ってから一度もしていない」派に分かれてしまうほど

 

というのも、意外とやり方がわからないという人も多く、大人になってしまうと誰も教えてくれないものですから、買ってからついついそのままにしてしまうという感じなのですね。

簡単なお掃除は二週に一度

自分でできる範囲の適切なエアコンのお掃除の頻度は、二週間に一度です。意外と多いと感じましたか?

 

この場合に指しているお掃除とは、フィルターと前面のお掃除のことです。実はそれほど時間がかからない簡単なお掃除なので、ぜひ今までしていなかった方もこの機会に習慣づけることをおすすめします。

 

ちなみに、エアコンの内部は自分では基本的にお掃除できないと思ってください。市販のお掃除スプレーもありますが、あくまでも補助的なものです。やはり長持ちさせたいなら、2年か3年に一度はハウスクリーニングの業者さんにお願いするのがよいでしょう。

お掃除の方法は?

では、自分でできる範囲のお掃除の手順についてご説明します。最初にエアコンの電源を切って安全を確保してくださいね。

 

まずは、全体を床などを拭くお掃除シートで拭きましょう。ほこりが落ちてくると不快なので、あまりにもたくさんほこりが周りについている場合は先に掃除機で吸い取ってしまうのもおすすめです。

 

次は、フィルターを外側から掃除機で吸います。こうすることで、外した時にたくさんほこりが舞い散ることを防ぐ効果が期待できます。フィルターを取り外したら、フィルターの隅々まで丁寧に掃除機を外側からかけましょう。

 

フィルターはその後水洗いをします。洗面台や流し、浴槽など広めのところにぬるま湯をはり、台所用の中性洗剤を少し溶かします。その後は、ぬるま湯を柔らかいスポンジでフィルターにつけながら優しくこすり洗いをしましょう。

 

汚れがひどくて一度で落ち切らない場合は、お湯をとりかえてもう一度こすり洗いを試してみてくださいね。そこまで終わったら、フィルターは日陰で乾かします。扇風機の風を当てたり、浴室乾燥などを利用するとかなり早く乾くのでおすすめです。

 

余裕があるときは、吹き出し口も掃除しましょう。

スポンサーリンク

 

吹き出し口にはルーバーという風向きをコントロールするパーツがあります。そこは手で動かせるので、隙間を作り、薄めた中性洗剤を染み込ませた柔らかい布で拭きます。割りばしに布を巻き付けると奥まで拭きやすくなりますが、奥に入れすぎないように気を付けてくださいね

 

ちなみに薄めた中性洗剤を作ったりなどの手間が面倒な場合には、お掃除用のウェットシートでも大丈夫です!

 

最後に乾いたフィルターをはめたら、1時間程度送風運転をします。これをしないと湿気が残っていてかえってカビの原因になる恐れも。ここまでしっかりやるのがポイントです。

 

慣れればそれほど難しい作業ではありません。電気代を安く抑えていくためにも無理のない範囲でぜひチャレンジしてくださいね。

 

参考:何が良いのかわからない!エアコンの正しいお得な選び方マニュアル

市販のスプレーの効果と問題点は?

エアコン 掃除 スプレーエアコンのお掃除スプレーの効果についてご説明したいところなのですが、結論からいうならエアコン用の市販スプレーは使用するのをおすすめできません!

 

エアコンのお掃除スプレーでは、内部の一番カビや臭いが発生するところをお掃除できません。よい香りのスプレーが多いのも、実はそのあたりが関係しているともいわれています。

 

さらに、お掃除スプレーを使ったことによってかえって配管を詰まらせてしまうおそれがあります。

 

業者さんなどの専門家がお掃除する場合には、洗剤で汚れを浮かして落とした後、すすぎ洗いもします。そのため、洗剤の成分や取れた汚れがそのままになることはありません。

 

しかし、自分でスプレーを使ってお掃除した場合には洗剤の残りやスプレーで剥がれ落ちたほこりが配管につまり、水漏れなどのトラブルの原因になる場合があります。

 

必ずしもダメ、ということではありませんが、お掃除スプレーはかえって思わぬトラブルの原因になることがあるということを忘れないでくださいね。

結局どんな方法がベスト?

ある程度のお金はかかってしまいますが、自分ではフィルターと吹き出し口の掃除を二週間に一度程度して、二年に一度は専門業者に頼んで分解洗浄をしてもらうのがおすすめです。

 

分解洗浄まですると、不快な臭いが全くしなくなりますし電気代も見ちがえて安くなるという経験をした方もたくさんいます。

 

金額はおよそ2万円以内が相場です。春と秋の閑散期なら業者さんも割引キャンペーンをしている場合もあり、さらに安くなることもあります。ホームページを良く見たり、見積もりの時にわからないことは詳しく聞くなどして、納得できる業者さんを選んでくださいね。

 

参考:賃貸マンションについてるエアコンが壊れた時の代金は誰が払うの?

まとめ

エアコンのお掃除スプレーは一般的に売られていますが、実はあまりおすすめできません。洗浄成分や落ちたほこりが配管に詰まって、かえってエアコンをダメにしてしまうこともあるのです。

 

自分でできるお掃除は、フィルターと吹き出し口がメインになります。フィルターは掃除機と水洗いできれいにしてよく乾かし、吹き出し口は拭き掃除をしてほこりを取り除きましょう。

 

お金はかかりますが、内部まで完璧にきれいにしたい場合は、春や秋の閑散期に業者さんに頼み、クリーニングをしてもらうのがおすすめです。

 

参考:実は危険!エアコンがカビ臭い原因から匂いを消す方法まで

 

スポンサーリンク