引越し 資金引越しは労力に加えて、一気に出費もかさむ大きな出来事ですよね。何度も引越しが続くと経済的にひっ迫して「引っ越し貧乏」なんて言葉もあるくらいです。

 

初めての一人暮らし、賃貸から賃貸、マイホーム購入など引越しの理由はさまざまですが、それなりにお金がかかることには変わりはありません。

 

そこで今回は、引越しに必要な資金について考えてみましょう。少しでも安く済ませたい引っ越し代についても、良い方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

引越しにはいったいどれくらい資金が必要なの?

引越し 資金新しく賃貸物件で生活を始めるためには、おおむね家賃の6か月分の資金が必要だと言われています。7万円の家賃だとしたら、40万円程度は準備しておく必要があると言うことになりますね。

 

すでに一人暮らしをしている人が、新しい賃貸物件に引越しをする時は、家財道具を揃える必要がないので、家賃の4~5か月分で済みますが、それでも30万程度は準備が必要です。

 

引っ越し費用の内訳

  • 物件の初期費用
  • 引越し代
  • 家財道具

 

敷金、礼金などの初期費用はこちらが頑張っても中々安く済ませることはできません。そんな中、せめて少しでも安く済ませたいのが「引越し代」です。

 

実は、引越し代は「時期」「時間」など、条件によって安くすることが出来るのです

初めての引越し代はどれくらいの資金が必要?

初めて一人暮らしをする場合、家財道具がまだ揃っていないので「引っ越し費用」自体は安く済ませる事ができます。ただし、そのためには実家から持ち出す荷物を極力減らして、自家用車で運べる程度に抑えたり、宅配便で送れる範囲の段ボール数個にする必要がありますよ。

 

家財道具を地元で揃えてしまうと買い物代に加えて引越し業者を頼むことになり、これはもっともお金がかかってしまう方法なのでNGです。家財道具は引越し先で揃えるの方がお得なのです。

 

ネットショップやジモティ、レンタル家電やリサイクルショップなど、手間暇を惜しまなければかなり安く揃えることが可能です。ただし、あまり価格先行してしまうと、すぐに壊れたり使い勝手が悪かったりするので、そのへんは十分に気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

 

引っ越し業者に頼まない場合は、自分の移動する交通費とどうしても送りたい荷物の分の宅配料金だけで引越し代を済ませることが出来ます。

 

荷物の郵送料なら、1万円もかからずに済みますね。

賃貸から賃貸への引越しの相場はどれくらい?

すでに一人暮らしをしている場合は、家財道具を購入する資金は必要ありませんが、その分その荷物を運ぶための引越し代がかかることになります。

 

引っ越し業者の多くは、ファミリーでの引っ越しに比べると荷物が少ない人たち向けに「単身パック」や「ミニパック」などの価格を抑えた料金設定があります。

 

「単身パック」で大阪→東京の引越しした場合、1BOXでおよそ3万円前後の料金です。このBOXが増えるごとに料金が上がって行くことになります。

引越し 資金

出典:http://goo.gl/PFwiqk

とは言っても、生活を始めていると荷物はどんどん増えていくので、1BOXで収まらない人も多いようですよ。一人暮らしで賃貸から賃貸への引越し代の相場は6万円前後なので、2BOXくらいは必要かもしれません。

 

1BOX分の荷物をお願いして、運びやすいものは自分の車で運ぶなどの工夫で最低価格で済ませることも出来ます。一人で荷物の運搬が大変な場合は誰かにお願いしてお礼代程度の出費がかかったとしても、BOXの追加よりは安く済みますね。

 

参考:引越しに必要な期間はどのくらい?忙しい人はどうすれば良い?

引越し代を安くしたいなら時期と時間を考えて!

転勤など自分以外の都合で引越ししなくてはならない場合は不可能ですが、自分の意志での引越しの場合は時期を考えましょう。3月~4月は転勤などが多いため、引越し業者は大変忙しい繁忙期です。そのため、料金の値引きやサービスはほぼありません。

 

反対に繁忙期が過ぎた4月の下旬から夏休み前の7月半ばあたりまでは、引越しをする人の数は激減します。この時がねらい目なのです!

 

この時期はスタッフやトラックに余裕があるので、値引きやサービスがとても大きいのです。時には正規の値段の半額程度で引っ越しが可能になることもあります。

 

また、「月末より月中」「週末より週中」「朝より夜」と、引越す人が少なくなればなるほど値引き率が高くなりますよ。

 

自分の都合で引っ越しを考えるなら、ぜひご検討ください。

 

引越し代が安い時まとめ

  • 4月下旬~7月中旬
  • 月の半ば
  • ウィークデイ
  • 午後から夜

 

また、さらに割引をねらうなら「仏滅」の引っ越しがおススメです。これは新居での生活が気分の良いものになるようにと縁起を担いで「大安」に引越しをする人が多いためです。

 

この「六曜」ですが、「仏滅」は明治以前は「物滅」と書かれていて、「物がいったん滅びて新しく生まれ変わるが、大切なことは忘れないように」と言うことを意味しているようですよ。

 

考えようによっては引越し向きの日となりそうですよね。

 

参考:これで安心!引越しの準備はいつからするべき?

まとめ

引越しはとてもお金のかかるものです。新しい住まいの初期費用だけでも大変なので、ぜひ引越し代は安く済ませたいものですね。

 

引越し代は、繁忙期とその時期以外では割引やサービスに大きく差が出ます。

 

引越す人が多い時期、曜日、時間などを外して行くと、割引率の高い引越しをすることが出来ますよ。

 

参考:バタバタしない!引越しの片付けをスムーズに行う方法7選

 

スポンサーリンク