スポンサーリンク

賃貸 壁 穴賃貸アパート・マンションの壁に穴を開ける場合、どの程度なら許されるのでしょうか?

 

最近ではおしゃれな壁掛けの収納があったり、賃貸でもできるプチリノベが流行っていますから、ちょっと壁に穴をあける必要が出てくる場合もありますよね。

 

まさかの退去の時の請求、といったトラブルになりにくいボーダーラインについても考えます。

 

スポンサーリンク

 

賃貸の部屋の壁を傷つけるのはNG?

賃貸 壁 穴賃貸の物件に住んでいるとやっぱりお家を少しでも傷つけるのが心配というお悩みがありますよね。最初に不動産屋さんからも説明されるのですが、賃貸を借りた場合には「原状回復」という義務があります。簡単にいうと、借りた時の状態に戻してください、という意味です。

 

でも、賃貸でもカレンダーや時計などのちょっとした軽いものを付けたいという風に思うのは自然なことです。「これぐらい誰でもやっているのでは?」と思いつつも少し不安を感じるという方も多いのではないでしょうか。

 

実は、この原状回復には国土交通省がガイドラインを設けてくれています。未然にトラブルを防止ということなのですね。一応このガイドラインに沿った形であれば、結論から言えば簡単な画鋲やピンなどでの小さな穴はOKということになります。

 

とはいえ、重量物を掛ける場合には少し話が違ってきます。このガイドラインについて少しお話しましょう。

 

このガイドラインでOKとされているのは、壁紙の下にあるボードの交換が必要にならないものです。つまり、軽いものをちょっとひっかけるような画鋲やピンのことですね。反対にNGだとされているのが、このボードの交換が必要になるものです。つまり、太いねじを使って留めるようなもの、ねじ穴・くぎ穴をあけるようなもののことになります。

 

参考:賃貸の壁紙を張り替えた場合の費用は?退去費用で支払わなくても大丈夫?

 

最近は、物を飾れるような小さい棚もありますが、あまり重量のあるものは賃貸では避けた方が賢明です。ピンで留められる範囲のもので、お部屋のアレンジを楽しみましょう。

スポンサーリンク

穴を開ける場合に気を付けることは?

賃貸 壁 穴では、穴をあける際に気を付けたいポイントをご紹介します。

 

穴をあけるのはすべてNGという訳ではありませんが、先ほど説明したようにボードに影響を与えないような穴でなくてはなりません。画鋲やピンといったような穴がおすすめです。粘着するタイプのフックもありますが、こちらは意外と壁紙を痛めたりして大家さんからの評判がよくありません。

 

ちなみに喫煙者の場合には、壁紙を交換しなくてはいけない場合があります。その場合には、どちらにせよ壁紙を替えるということで粘着タイプのフックを使うのも悪くない選択かもしれません。

 

基本的には細い画鋲やピンなら、そのことで請求が来たり、注意されるということはあまりないと考えられます。しかし、はじめての一人暮らしなどで不安を感じる場合もありますよね。その場合は遠慮しないで管理会社や大家さん、仲介してくれた不動産屋さんなどに相談してみてください。

 

参考:賃貸の違約金が発生してしまわないように注意することは?

 

相談したうえでなら安心して小さい穴ならあけることができますね。その場合も重いものはかけないようにしましょう。

後で請求されるケースもあるの?

後で請求されるというとなんだか怖いイメージがありますね。でも、最近は入居時に敷金・礼金を払わなくてOKという物件が増えています。礼金は手数料のようなものなので問題ないのですが、敷金というものがどんなものなのか簡単に説明します。

 

敷金というのは、退去時にそこから必要な費用を出すためのお金です。例えば壁紙や畳などの交換するものがあれば、敷金の中から払って後は戻ってくるというパターンが多いですね。しかし、敷金がなしの場合には、修繕や交換がある場合には実費を請求されます。

 

それが退去後に後から請求されるお金になります。

 

でも、安心していただきたいのが、基本的には退去する際に管理会社の人と一緒に原状回復の様子を見て、「これを交換する」・「ここを直す」という風にひとつひとつ確認していくのです。

 

普通のきちんとした管理会社であれば、一緒に確認した以外のお金を請求されることはありません。

 

ただし、ペットがダメなのにペットを飼っていたがために生じた傷などはトラブルの原因になります。最初に契約する時の約束事はきちんと守ってくださいね。そして、鳥やハムスターなどの近隣に迷惑をかけにくい小動物などはOKかどうかなど気になることは最初に聞いておくと安心ですよ。

まとめ

賃貸でもカレンダーや時計をかけるなど、壁に穴をあける必要が出てくることはよくあることです。

 

国土交通省が定めている賃貸の原状回復に関するガイドラインでは、壁紙の下にあるボードの交換が必要にならなければ問題がないとされています。

 

つまり、画鋲や細いピンはOKということになります。反対にくぎやねじなどはよくありません。分からないことは、最初の段階で大家さんや管理会社に問い合わせることがトラブルを未然に防ぐために役立ちますよ。遠慮せずに小さなことでも質問しましょう。

 

スポンサーリンク