台風 外 犬犬も猫と同様に室内飼いする家庭が増えましたね。「番犬」と言う言葉もあまり聞かなくなりました。大型犬などは、日中は庭に離して自由にさせて、夜はガレージや玄関に入れると言うこともあるようです。

 

都心部では、犬の吠える声や臭いが問題になりやすいため、徐々に室内飼いするようになっていきました。

 

地方へ行くと、まだ「犬は外!」と言う飼い方の家庭が多く、庭先に立派な犬小屋や可愛らしい小さな山小屋のようなお家を作ってもらっている子もいるようです。

 

そんな室外犬ですが、台風が来た時はみなさんどうしているのでしょうか。

 

そこで今回は、台風が来た時外で飼っている犬はどうするべきなのか。また安全対策とはどう言ったものなのか、詳しく解説いたします。

 

スポンサーリンク

 

台風が来た時に起こる室外犬への危険性とは?

台風 外 犬普段は犬小屋を自分の城としてのんびりと過ごしている室外犬ですが、やはり外は危険がたくさんあります。

 

暑さ寒さはもちろんですが、虫や心無いいたずらからもペットの身を守ってあげなければなりません。また、怖いのが台風などの自然災害です。

 

参考:強力な台風が来る!賃貸マンションに雨戸がない場合どうすれば良い?

 

重厚な作りの犬小屋だとしても、地面に杭を打って建てたわけではないので、大型台風が来た時は「崩壊」「移動」する危険性があります。また、家の床より地面に近いので、うかうかしていると「浸水」する可能性もあります。

 

木が倒れてきたり、大きなものが飛んで来て直撃することも考えられるので、安全で安心なはずの犬小屋に入れている事で、反対に逃げられずに危険にさらしてしまうかもしれません。

台風が来たら室外犬は玄関に入れてあげるのが安心!

台風 外 犬いくら外で飼っているとしても、犬の身に危険が降りかかる恐れがある場合は、玄関に入れるようにしましょう

 

犬も、小屋の中が不安で大雨や強風に打たれながら外で震えていることがあります。

 

大きな風の音や、雨粒が叩きつける音は耳の良い犬にしてみたら、大変な恐怖なのです。さらには、大きな雷鳴がとどろくと、思わぬ力を発揮して、逃げだしてしまうこともあります。

スポンサーリンク

 

玄関に毛布などを敷いて、収まるまで入れておくと安心です。

 

犬の性格にもよりますが、大型犬などはよほどの台風でなければ怖がらない子もいます。そんな時は、危険性が無い限り無理に玄関に入れる必要はありません。むしろ、入りたがらないことも多いので、心配する飼い主の気持ちが犬にとっては、有難迷惑となることもあるのです。

台風が来たけど室外犬が玄関に入りたがらない時はどうする?

超大型台風などと予報が出ている時は、情報をよく聞いて手遅れになることのないようにしてあげましょう。台風が来るとわかっているのだから、さっさと入れてしまえば良いと思いますが、これが中々、喜ぶ犬ばかりではないのです。

 

犬小屋を与えられている犬は、室内犬にはない「陣地を守る気持ち」が強くあるのです。自分だけの居場所なので、必死に守ろうとするため、こちらが離そうとしても嫌がって動かないことがあります。

 

参考:台風の備えは大丈夫?一人暮らしで気を付けるポイントは?

 

また、玄関に入れてもクインクインと鳴き続けることもあり、飼い主は途方にくれてしまいますね。犬にしてみたら、安全なはずの玄関の方が不安で仕方ないのです。

 

一緒にいられる時間帯であれば、一番天気が荒れている一時の間、玄関に一緒にいてあげると大人しくしていられるかもしれません。

 

台風が通り過ぎるまでの1~2時間は、腹をくくって飼い主も玄関で過ごすくらいの気持ちでいてあげましょう。犬と遊んであげるのも良いですし、近くにいるだけ安心するので携帯で遊んでいても良いのです。

 

そんなに嫌がるなら犬小屋に戻した方が良いかな・・・と思ってしまいますが、近年の台風は巨大化しているため、何が起こるかわかりません。やはり最悪の時間帯は避難させるしかないのです

日頃から出来る安全対策はある?

台風 外 犬
犬小屋が壊れていないかなどの確認は常に必要です。

 

中に敷いてあるものの洗濯や、小屋の掃除は怠らないようにしましょう。木製の場合は、虫が喰っているいることがありますので台風などですっ飛んでしまうほど弱くなっている場合もあります。

 

また、地方の大きな敷地のお宅によくありますが、家と犬小屋が離れていることがありますね。いざという時のためにも家のすぐ近くにも犬が避難できる場所を作っておくと安心です。

 

台風が近づいて来たら、ひとまず家の近くにつなげるようにしておきましょう。

 

距離があると、台風が接近してから犬の様子を見に行く間に飼い主が怪我をしてしまう危険がありますのでね。犬も飼い主も安全に過ごせるように心がけておくことが必要です。

 

まとめ

台風が来たら、室外犬は玄関に入れてあげるようにしてあげましょう。「崩壊」「移動」「浸水」などの恐れがあります。嫌がる場合はせめて一番荒れている時間帯だけでも避難させてあげてください。

 

鳴いて嫌がる時は、台風が過ぎ去るまでの1~2時間は、飼い主も玄関で一緒に過ごすくらいの気持ちでいてあげてください。飼い主は非難させているつもりでも、犬にとってはより一層不安になっていることもあるのです。

 

中型犬までの犬は、吹き飛ばされてしまうことがあるので嫌がっても早めに避難させるようにしたいですね。

 

大型犬で、中に入りたがらない場合は、台風の一番ひどい間だけ玄関に入れて我慢させるようにしましょう。日頃から小屋が壊れていないかなどの安全点検は怠らないようにしてあげてください。

 

地面に置いてあるだけの小屋は、突風で飛ばされたり、強風で移動してしまう事があるので要注意です。

 

参考:強力な台風が来た時に外に置いてある自転車や洗濯機を守る方法!

 

スポンサーリンク