スポンサーリンク

台風 自転車 外どうしたって自転車は台風で倒れてしまうもの!とりあえず誰しもそう考えているのではないでしょうか。

 

特に自転車対策はしていない・・・と言う人も多いようです。倒れたら倒れたでいいや・・・という感じでしょうか。

 

でも付けていたカバーが無くなっていたり、自転車置き場にある自転車すべてがなぎ倒されていたして、壊れたり傷ついてしまう事もありますね。心配は自転車のことだけではなく、飛ばされて人にぶつかったり、事故を起こさないとも限りませんよ。

 

また、自転車同様、外に出しっぱなしにしている洗濯機についても不安になります。

 

そこで今回は、強力な台風が来た時の自転車や室外洗濯機の台風対策の方法を詳しく解説いたします。

 

スポンサーリンク

 

強力な台風から外に置いてある自転車を守る方法とは?

台風 自転車 外台風が来るとわかった場合、外に置いている自転車を守る方法として、

 

  • 室内に入れる
  • あらかじめ倒しておく
  • 木やポールに固定する

 

などが考えられます。台風のニュースなどで必ず見かける自転車がなぎ倒されている光景は、「自転車は必ずこうなる!」と脳に擦りこまれていますよね。出来る事なら当然室内にしまっておくのが一番安心で良いのです。

 

参考:強力な台風が来る!賃貸マンションに雨戸がない場合どうすれば良い?

 

あらかじめ倒しておいたとしても、何かが飛んで来てぶつかってしまったら、壊れてしまうかもしれません。

 

とは言ってもマンションやアパートなどでは自転車を室内に入れるのは玄関が狭かったり、階段を上がらなければならないなど、中々大変です。

 

放置自転車の多さからわかるように、日本人は自転車をあまり大切にしない傾向があります。そのため、自転車置き場に置きっぱなしや、別に倒れてもいいやと考えているところがあって、十分な台風対策をしていないと言えます。

 

強力な台風の場合、倒れた後そのまますべって移動することもあるので、道路に出たりすると事故につながり危険です。電動自転車などの高価な自転車であれば、室内に入れたり、ポールに結び付けたりするようですが、いわゆるママチャリと称されるタイプの自転車などは意外と何も対策をとらずに強風にさらされることが多いようです。

 

思い切り倒れれば、故障の原因にもなりますのでしっかりと対策をとりましょう。

外に置いている自転車の台風対策

台風 自転車 外

スポンサーリンク
  • 室内に入れる
  • カバーをかけて上からビニールヒモや麻ヒモで縛り(膨らんだり、脱げたりしないようにする)なるべく道路から離れた場所で滑らないところににあらかじめ倒しておく(自転車置き場の場合は周囲の自転車も倒す)
  • ロープなどでしっかりと木やポールにつなぐ

 

参考:台風の備えは大丈夫?一人暮らしで気を付けるポイントは?

 

サイクルガードやサイクルハウスなど、家族分(2~3台)の自転車を入れておける自転車置き場は、通常の雨をしのぐには良いですが、台風の場合はアンカーごと外れて飛んで行ってしまう可能性があります。

 

自転車が壊れる心配もありますが、飛んで行ったガードやハウスのポールなどで、人が怪我をしたりご近所のお宅に突っ込んだりすることも心配です。あまり信用しきらずに、絶対に飛ばせないような対処を考えなくてはなりません。

強力な台風対策で外にある洗濯機を守る方法とは?

台風 自転車 外外に置いてあるもので、台風から守りたいのは洗濯機もありますね。ベランダや通路に置いてある洗濯機は被害を受けやすいのです。強風で一番壊れやすいのが、「ふた」です。

 

台風が通りすぎて見に行くと「ふたが無い!」なんてことになったら買い替えなければなりません。最近の洗濯機は、蓋が閉まらないと作動しないようになっているため、蓋の役割は重要なのです。

 

また、洗濯機は一人で移動させようと思うと重くてなかなか動かないものですが、台風にとってはわけありません。ベランダやアパートの通路に出ている場合、ガタゴトと動いてしまい、出入り口をふさいでしまうこともありますので要注意です。

 

そこで、移動させないために一番よいのは、洗濯機を軽い空っぽ状態にしておかない事が有効なのです。お水をタップリ入れた状態で、蓋をしてガムテープなどでしっかり止めておくと、被害にあうことはまずありません。

 

室外洗濯機用のカバーをつけているお宅は、カバーがすっ飛んでしまう可能性があるので、しっかり止めるようにしましょう。その他にも「プランター」や「ゴミ箱」などは台風のあと見当たらなくなることもありますので、しっかりと固定するか室内に入れるようにしましょう。

 

プランターや植木鉢は、地面に下ろすだけでも落下しない分効果があります。たくさんあって室内に入れることが出来ない場合などは、植え込みの中の一か所に集めて置くなどでもずいぶん被害が少なくなります。

まとめ

強力な台風が接近した時に心配なのが、外に置いてある自転車や洗濯機です。

 

自転車は、「台風がきたら倒れるもの」ではなく、「倒さないようにしなくちゃならないもの」なのです。日本は自転車を大切にしない傾向があるので、台風のニュースに流れる映像も、「放置自転車かな?」と感じる場面もありますね。

 

そこらじゅうに放置自転車があるため、倒れてから道路を滑って移動し、道路に出て事故を起こす可能性があります。

 

自宅の自転車は、被害を受けたり与えたりしないように十分に気をつけましょう。ベランダや通路に置いてある室外洗濯機も前もって蓋が飛ばないように気を付けなくてはなりません。

 

本体も動いてしまうので、水を入れておくようにしましょう。近年、台風が巨大化してきていますね。ゲリラ豪雨なども心配です。

 

とっさの時にもどうするべきか、常に考えておくこと意識が必要です。

 

参考:一人暮らしの強力な台風対策は?注意やするべき事は?

スポンサーリンク