スポンサーリンク

節約 ダイエット「節約」と「ダイエット」、どちらも楽しみながらではないと続かないものですよね。

 

でも、ただ楽しいだけではどちらも続けることは出来ません。

 

節約とダイエット、実はどちらも同じ精神構造上に成り立っているので、同時に行うのはとても効率が良いのです。

 

そこで今回は、節約しながらできる簡単なダイエットを楽しく続けるためのコツをご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

節約しながらできる簡単ダイエットとは!

節約 ダイエット節約とダイエットは、どちらも楽しく続けたいと思いますが、実際にやってみると「楽しさ100辛さ0」では続かないのです

 

人間の精神構造の不思議なところですが、凄く辛いことは嫌だけど、少し頑張った方が達成感を感じられてやる気が出るのです。

 

参考:一人暮らしで光熱費の平均っていくら?スグできる節約方法5選

 

自分を戒めたり、我慢、律するような気持ちの中に楽しさを見出していくと、続くようになります。

 

その点、節約とダイエットはとても相性の良い組み合わせです。

 

この場合、誰もが1番に思いつくのは「お弁当持参」ですよね。毎日外食ランチに行っていたら、当然食費は嵩んでしまいます。

 

しかも、夜ご飯のためだけに食材を買っていたら、残り野菜などがたくさん出てしまって、意外とダメにしてしまっているのではないでしょうか。

 

無駄な食材を出してしまうのも、もったいないことですね。

 

外食ランチやコンビニランチからお弁当持参に切り替える時には、かなり大きく「よし!!」と言う意気込みが必要です。

 

「節約」と言うことを思い付いたと言う事は、食費に対して「このままではダメだ・・・」と思ったきっかけがあったのでしょう。そこで一念発起したわけですが、「お弁当作り」は慣れるまでの間はかなり面倒なものです。

 

しかも、自分のためのお弁当は、作る気力を持続させていないとすぐにやる気がなくなってしまいます。

 

そこで、ダイエットと一緒に始めると、「ただの節約弁当」から「ダイエットを兼ねた目標のある節約弁当」に変えることができるのでとても効率が良いのです。

節約しながら簡単ダイエット!お弁当持参できる?

外食やコンビニ食からお弁当に切り替えると、塩分、糖分、脂肪分についてはかなり抑えられるようになるので、それだけでもダイエットになるかと思います。

スポンサーリンク

節約 ダイエットさらに良い効果として、「食材に対して、良く考えるようになる!」と言う素晴らしいメリットがあります。

 

いつも頭の中にお弁当のことがあると、買い物中やメニューを決める時に、常におかずはどうしようか・・・など今までと違う考え方をするようになります。しかも、ダイエットも兼ねていると、より一層おかずにもこだわりたくなりますね。

 

参考:一人暮らしにオススメ!お金のかからない夏の暑さ対策5選!

 

人は考えるだけでも脂肪を燃焼しているので、ボーっとしている人より、色々と考えている人の方が痩せやすいのです。

 

そして、調理の時間も必要になります。朝作る場合は、その分早く起きるようになるので、午前中の代謝が良くなりますし、夜の間に作り置きする場合は、その分夜更かしが減るので、便秘の改善や免疫力の低下を防ぐことが出来ます。

 

どちらも、痩せやすい体つくりには欠かせない条件なのです。

 

そのため少しウエストあたりが閉まってきたり、体重が落ちたりすると頑張ってお弁当を作り続けている自分をほめてあげたくなります。

 

たとえ褒めてくれたのが自分自身だとしても、「良いことをした!」と言う気分なので、とても気持ちが良いものです。もっと良い物はないかな?新メニューを考えようかな?と言う向上心も生まれ、楽しく続くことになります。

光熱費を節約しながら簡単ダイエット!

お弁当を作って、食費を節約しながらのダイエットをご紹介しましたが、今度は光熱費を節約しながらダイエットできる方法です。

 

まずは水道代ですが、これは入浴時に半身浴の時間をタップリ取ると言うことです。半身浴のためにはお湯張りは浴槽の半分以下で済みますね。

 

また、汗が出るまで我慢することが成功の第一歩です。その努力があるからこそ、すべてが上手く行くのだと自分に信じ込ませます。

 

半身浴は寒い時期には体の芯から温まるので、過剰に部屋を温めなくて済みます。ポカポカのうちにお布団に入ってしまいましょう。これで暖房器具の電気代の節約になります。

 

夏場は汗だくになるので、出たら「ハッカ油」で涼をとると一気にサッパリとして冷房要らずです。この時も、サッパリしている間に就寝するようにしましょう。

 

夜の時間を計画的に過ごすようになると、テキパキと動くことで脂肪の燃焼が良くなります。また、早く寝る事でさらに代謝が良くなり、肌や髪にも良い効果が出てきるし、電気代も節約できるし一石何鳥にもなりますよ。

 

疲れてダラーっとしたくなる自分を奮い立たせて、やる事を早く済ませると、そんな風に出来る自分が気持ち良いと感じるのです。

 

計画的に行動することは、続けるうちにクセになるので、どんどん無駄を省いて節約上手になります。そして、気が付くと体の無駄もなくなってきますよ。

まとめ

節約とダイエットは、相乗効果が期待出来る良い相性なので、同時にやるのはとても効率的です。

 

どちらも、多少なりとも自分を律する気持ちの上に楽しみを見つけると長続きします。

 

食費の節約の場合はお弁当を持参してみましょう。

 

光熱費は半身浴と早い就寝で節約しましょう。計画的に行動することはクセになるので、ぜひ続けてみてください。

 

次にやる事を考えたり、翌日のお弁当のメニューを考えるなど、頭をクルクルと回転させるだけでも脂肪は燃焼されて行きます。

 

また、早く寝るのは何より代謝を良好にさせるので、気が付けば体が締まってきますよ。

 

テキパキと動ける人に太っている人はいないのです。ダラーっとしたくなる自分を奮い立たせて頑張ってみてください。

 

スポンサーリンク