スポンサーリンク

トイレ 掃除 重曹 洗剤トイレの掃除にはトイレの洗剤。それはそれで間違ってはいないのですが、最近重曹を使ったナチュラルクリーニングも注目されていますね。

 

でも、本当のところどちらがよいのか分からずに迷ってしまうこともあるでしょう。

 

今回は、それぞれの効果・良さなどと実際に掃除をしている方の声を通して検証していきます。これからのお掃除の参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

トイレ掃除には何を使う?

トイレ 掃除 重曹 洗剤トイレ掃除にベストなのは普通に洗剤を使うこと?それとも重曹でナチュラルにお掃除する?その前に、基本的なお掃除の流れとその時に使うアイテムについてご紹介していきます。

 

まずは、一般的な洗剤などを使ったお掃除の方法です。

洗剤を使う場合のお掃除の流れ

用意するものは、トイレ用洗剤・ブラシ・お掃除シート・ゴム手袋です。他にもこだわれば色々と必要になる場合もありますが、基本的にはこれがあれば一通りトイレを綺麗にすることができます。

 

まずは、便器の中をきれいにしていきます。トイレ用洗剤を便器にかけるのですが、スプレータイプでも液体タイプでもどちらも汚れがひどい場合は少し放置すると汚れが落としやすくなりますよ。

 

その後、ブラシで擦って汚れを落とします。ブラシで擦るときにはふち裏などにも気を配って、あまり力を入れずに小刻みに動かして汚れをじっくりと落としていきましょう。水を流して便器の中の掃除は終わりですが、水が流れている間にブラシを水の中で振って汚れを落とすのがおすすめですよ

 

次は、お掃除シートを使って便器の周り、タンク周り、床、壁をお掃除していきます。床のほこりがひどいばあいには、先に掃除機をかけると楽になりますのでお試しくださいね。

 

壁や床はそれほど汚れがひどくないかもしれませんが、床と便器の接地面は意外と小水の汚れが気になるところ。少し念入りに掃除しましょう。同様に、便座と便器の継ぎ目なども汚れが溜まりやすい場所なので、そこにも注目してくださいね。

 

大まかには、これでトイレ掃除はOKです。ゴム手袋をして行うと、汚れが気にならず、どんどん掃除を進めていきやすくなるので、ぜひ使うことをおすすめします。

 

次に、重曹を使ったナチュラルクリーニングの流れについてです。

重曹を使う場合のお掃除の流れ

必要なものは、重曹・クエン酸・スプレーボトル・ブラシ・雑巾・ゴム手袋になります。

 

トイレ掃除には重曹水がおすすめです。重曹水は、小さじ1程度の重曹を200ccくらいの水に溶かしたものですが、スプレーボトル(霧吹き)に入れたりすると使い勝手がよくなります。これを、便器やタンク周りなどの汚れを落としたいところに吹き付けて、ブラシや布で擦ってお掃除します。

 

なかなか落ちない汚れをやっつけるのには、重曹ペーストが便利です。これは、たっぷりの重曹に少しずつ水を足していってペースト状にしたもの。これを気になる場所に塗って、しばらく置いたのちにブラシで擦れば効果がさらに高まります。

スポンサーリンク

 

床や壁は、重曹水を含ませてから絞った雑巾で拭くと綺麗になります。臭いを抑える効果もありますから、トイレ掃除には重曹はとても合っているといえるのです。

 

ちなみに、尿石といって飛び散った小水が固まった汚れには重曹よりもクエン酸が効果を発揮します。こちらも重曹と同じように水に溶かしたものをスプレーして使いましょう。

 

参考:トイレ掃除は毎日する?!あなたの周りの頻度はどのくらい?

 

基本的なお掃除の流れはこのような感じです。意外とシンプルで難しいことはあまりありません。では、洗剤と重曹のそれぞれの良さとはどのようなものなのでしょうか?

重曹と洗剤、それぞれの良さは?

トイレ 掃除 重曹 洗剤

それぞれにメリットがありますが、少し比較をしてみましょう。

洗剤の良さ

洗剤の良さは、トイレの汚れに特化しているので効果が高い点と手軽さが一番です。界面活性剤などで汚れを浮かしやすくしてくれますし、自分で混ぜる手間などがありません。

 

一方、こだわればこだわるほど、種類がたくさんあって迷ってしまうのも事実。また、シンプルな暮らしを目指したいという方にはパッケージのごちゃごちゃ感が気になってしまうかもしれません。

重曹の良さ

重曹の良さは、食品に使われるほど安心な成分なのにしっかりと汚れが落ちるところがまず最初に挙げられるでしょう。

 

手間はかかってしまいますが、安価で他の場所の掃除にも使えるという汎用性が嬉しいですね。手間さえ気にならなければ、「これ一つで家中きれい!」という感じで、洗剤選びに迷うことももうありません。

 

ただし、天然素材に使うと変色するおそれがあるなど、家じゅうのお掃除をする場合にはしっかりと性質を知らなければいけないという面もありますので、新しい場所をお掃除する時には目立たないところで試すのがおすすめです!

 

重曹にも洗剤にもそれぞれの使い勝手の良さがあります。実際に使ってみると、自分にどういうお掃除のやり方が合っているのかだんだんと分かってきます。それぞれの特徴をしっかりと把握するのが大切ともいえるでしょう。

迷ったらどうしたらいい?

重曹と洗剤のどちらにもメリットとデメリットがあることから、「結局どちらがいいの?」と迷われる方もいますよね。おすすめは、とりあえず両方を用意して、併用しながらお掃除を進めていくことです。

 

重曹・クエン酸は100均でも手に入りますし、もし自分には合わないと感じても金銭的なダメージはあまりありません。それに、自分のトイレ掃除にあまり向いていないと感じたとしても、お風呂や台所でも活用できますから、捨ててしまうことはあまりないでしょう。

 

重曹などのナチュラルクリーニングを生活に取り入れている方でも、洗剤を併用することはよくあります。どちらも使えるような柔軟な姿勢で自分に合ったトイレ掃除のスタイルを見つけていってくださいね。

まとめ

トイレの掃除には、重曹が良いのか?それとも洗剤が良いのか?迷ってしまいがちなテーマですね。

 

洗剤はトイレの汚れに特化していたり、重曹は家中の色々な汚れに対応できたりとそれぞれに違った良さがあります。

 

まずは、重曹やクエン酸は安価ですから、洗剤と併用してお掃除をするのがおすすめです。色々と試しているうちに、自分にとって快適なお掃除方法がきっと見つかるはず。気楽な気持ちで両方のスタイルに挑戦してみてくださいね。

 

参考:トイレ・換気扇・お部屋のお掃除コツやお風呂場の害虫対策まとめ

 

スポンサーリンク