スポンサーリンク

エアコン 選び方最新の節電機能に、体にやさしい冷やし方、お掃除ロボット・・・。たくさんの良さそうなエアコンがあるからこそ、難しいのがその選び方です。

 

どんな基準で選ぶのが一人暮らしにはフィットするのでしょうか?

 

コスパが良くて使い勝手も良い!そんなエアコン選びをサポートします。

 

スポンサーリンク

 

エアコンの選び方で大切な基準は?

エアコン 選び方

まずは、エアコンの選び方の基本である、大切な畳数についてのお話です。

 

エアコンを買うときに書いてある「○畳用」という数字のことですね。

畳数についての本当のところは?

よく10畳用などとホームページに書いてあるけれど、よく説明を見ると8~12畳となっていたりします。いったいどういうことなのでしょうか?

 

「まぁだいたい10畳で真ん中ぐらいだからいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、実際はちょっと違います。エアコンの効きにも関係しますので、ここはしっかり押さえておいてほしいポイントです。

 

  • 普通のアパート、戸建ての家は低い方の数字で考える
  • 鉄筋コンクリートのマンションなら高い方の数字で考える

 

こういう風に覚えておくと間違いありません。

エアコンの暖房って使う?

暖房はエアコンを必ずしも使わなくてはいけないということはありません。電気ストーブやオイルヒーターなども選択肢になりますよね。でも、暖房を使うとなるとちょっと選び方が変わってきます。

 

暖房を使う場合には、ワンランクサイズが上のものを選ぶのがおすすめだからです。予算の関係などで冷房ならギリギリ効くかな?というようなサイズのエアコンを選んでしまうと、暖房は「気持ちの問題」程度しか温まらないなんていうことになってしまいます。

 

暖房を使う場合には、ちょっとサイズを大きめにしなければいけないということは覚えておきましょう

やっぱり高いエアコンっていいの?

もちろん高いエアコンはそれなりの機能を装備しています。省エネ性能や無駄のない送風などで快適性がとても高くなりますし、暖房の性能も高いので一年を通じて大活躍してくれる場合が多いのです

 

でも、一人暮らしの場合には必ずしも高いエアコンが良いとは言い切れない面もあります。後ほど一人暮らしの方にぴったりのエアコン選びについての説明で詳しくお話することにしましょう。

一人暮らしにおすすめの機種の選び方は?

一人暮らしの場合、ライフスタイルによって選び方が結構変わってきます。

 

  • 家にいる時間が長く、冬場もかなり暖房を使う場合
  • 家にいる時間が少なく、ほぼ寝室としてお部屋を使う場合

 

この二つでおすすめの機種を選ぶコツについて考えます。

家にいる時間が長く、暖房も使うケース

この場合、予算に余裕があれば迷わず上位機種を買うことをおすすめします。上位機種は暖房もなかなかの効きを誇るので、適切な畳数を選べば冬場も心配ありません。

 

ただ、一人暮らしがそこまで長い期間でないということが決まっている場合に上位機種を買ってしまうのは少し勿体ない感じもしますね。その場合はワンランク落として・・という風に上のランクから様子を見ていってくださいね。

一人暮らしにおすすめの上位機種は?

CMでも有名なうるさら7は、加湿や除湿など快適性を重視した設計になっています。お部屋に長くいるのなら、エアコンで喉がカラカラになったりは嫌ですよね。

 

省エネしながら快適性も追求できるモデルです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スポンサーリンク

【送料無料】MITSUBISHI MSZ-L2516-W ウェーブホワイト 霧ヶ峰 Lシリーズ [ムーブアイ エアコン (主に8畳・100V)]
価格:94800円(税込、送料無料) (2016/8/24時点)

 

こちらもやはりムーブアイで有名な霧ヶ峰です。

 

部屋の中で離れて座っている人がいても、「どちらも快適!」という送風の調節が絶妙な機種です。体感温度にこだわって設計されているので、快適性は折り紙付きですね。

 

どちらも同じようなサイズのエアコンと比べると「高い!」と感じるかもしれません。でも、家で過ごす時間の快適性に価値を感じるなら迷わずおすすめできる機種です。

家にいる時間が少ないケース

これは、下のランクのコスパ重視のモデルで大丈夫です。夏の寝苦しい時に、眠りにつくタイミングで使うというくらいならあまり問題ないでしょう。

 

エアコン自体の暖房性能は全く期待できませんので、冬に寒いという場合にはオイルヒーターや電気ストーブなどの暖房器具を導入するという考え方がおすすめです。

一人暮らしにおすすめのコスパ重視機種は?

コロナのエアコン、工事費込みで5万円を切ってしまいます!(価格は変動します。)

 

冷房専用に絞り込むとここまで安く抑えることができるのですね。でも、寝る前の少しの時間涼しく過ごすだけなら問題ないでしょう。

もうちょっとお金を出してもいい!お掃除機能がついていたらいいな、という方にはこちらもおすすめです。

 

富士通のnocria Rもなかなかコスパと機能のバランスが取れているといえるでしょう。

 

ぜひ値段と機能のバランスを考えながら、一人暮らしをより充実させるエアコン選びをしたいですね。

 

参考:賃貸マンションについてるエアコンが壊れた時の代金は誰が払うの?

まとめ

なかなか難しいエアコンの選び方ですが、まずはサイズをしっかり決めましょう。

 

対応畳数は、木造なら低い方の数値・鉄筋コンクリートなら高い方の数値を見ます。エアコンで暖房も使う場合は低い方の畳数で考えてくださいね。

 

一人暮らしでも家にいる時間が長めの場合は、快適性を重視した上位機種・反対に寝るだけのような場合はコスパ重視機種を選ぶのがおすすめです。

 

迷いがちなエアコン選びの参考になれば幸いです。

 

参考:買い時の季節は?エアコンが安い時期っていつ?良い機能は?

 

スポンサーリンク