整理 収納整理整頓・収納を考えるなんて、マメな人だけのこと?

 

実は、自分でマメじゃないと思っている人こそ、意識して片づけがしやすい環境づくりをする必要があるのです。

 

ごちゃごちゃのお部屋ではゆっくりと快適に過ごすこともできませんし、やる気も何だかダウンしてしまうもの。そんな連鎖を断ち切るためにも、今日からできる環境づくりを始めてみませんか?

 

スポンサーリンク

 

整理・収納は環境づくりしだい?

整理 収納実家にいた時にお部屋をきれいにできなかった、という人も心機一転「整理整頓・収納をしっかり頑張るぞ!」と決意を新たにしているのではないでしょうか?また、今まで一人暮らしも長いけれどお部屋がきれいだったのは最初だけ!という人もいますよね。

 

しっかり整理整頓がされていて、収納も効率的にできていれば、お部屋のインテリアもより生きてきます。植物を置いたりなどのおしゃれな空間づくりも思いのままです。

 

でも、「自分はマメじゃないしできない」と感じることもあるでしょう。実は整理整頓をしたり、収納を考えるのにはあまり性格は関係ありません。

 

上手に収納をしやすい、整理しやすいというような環境を最初に作っていくことが何よりも重要なのです。

 

ですから、今まで上手にできなかったという方も諦めないでくださいね。これからご説明していく整理・収納のコツは、マメかどうかなんて関係なしにどなたにでも実践していただけるものです。では、さっそくそのポイントについてみていきましょう。

 

参考:風水で運気アップ!お部屋のインテリアの配置を正しくしよう!

「マメじゃない」人でもできるコツとは?

整理 収納上手く片付かないという人でも、一度コツを身に付ければ見ちがえるようにお部屋は綺麗になりますので、ぜひ読んだ後はためしてみてくださいね。

 

まずは、いらないものをお部屋から徹底排除することが整理と収納の第一歩です。

全部のものを出してみよう!

整理し始めるときに大切なのが、全部の物を一度収納されている場所から外に出すこと

 

どんなものがどれくらいあるのかという全体を把握することにつながります。クローゼットならクローゼットのものすべてを出してしっかりと自分の目で見て、これからの計画を立てましょう。

しっかり分類しよう!

何に使うものなのか、しっかりと分類します。使う場所に近いところに収納するのがきれいなお部屋が長続きするコツです

スポンサーリンク

 

服も、インナーなのかボトムなのかなどしっかりと分類して同じ種類を同じ場所にということを徹底していきましょう。

 

同時に使う頻度でも分けていくのが大切です。よく使うものは前の方、手の届きやすいところ、たまにしか使わないものは奥や高いところなどに入れることで散らかりにくくなります。

収納は余裕を持って!

モノって意外と減らないものなのです。むしろ、意識していなければ増えていく一方。それが散らかる原因です。

 

不必要なものを増やすのはタブーですが、必要なものも増えていく可能性がありますよね。そこで、収納ケースなどを買うときは今あるものがきっちり詰められるサイズ、というのはおすすめできません。

 

今あるものが余裕でしまえるサイズを意識しましょう。そして、しまったらラベルなどを貼って「何がどこにあるのか」自分で分からなくならないように工夫しましょう。

 

ちなみに収納グッズのカラーもお部屋のカラーコーディネートから外れないようにすると、すっきりして洗練されたお部屋作りができますので試してみてくださいね!

 

まとめると、物の全体量や種類をしっかりと把握してから収納をすることがポイントということになりますね。上手く整理整頓や収納ができないという方は、まず最初の全体量の把握と分類が不十分な場合が少なくないのです。整理する時には必ず意識しましょう。

 

参考:一人暮らし必見!狭いクローゼットにはおすすめ収納アイディアを

一度綺麗にしたらここに気を付けよう!

整理 収納

さて、整理整頓・収納・お掃除をしたら、このきれいなお部屋をどこまで保てるのかが勝負ですね!「保つコツ」についてお話していきます。

物をお部屋に入れるときには厳しい目で!

物は気が付けば増える一方。買う、というだけでなく「もらう」ものについてもある程度厳しい目でチェックしていきましょう

 

とはいえ、もらいものは相手のご厚意でもありますから、その場でお断りすることは避けたいものです。後で必要なものではないと判断したら、そっと処分を検討してください。

 

また、最近では100円などで安くものが買えてしまう時代です。しかし、100円の物でもお部屋に物を入れるときには十分なチェックが必要です。安いからと物をあまり考えずに買ってしまうと、後で物が増えてどうにもならなくなって後悔してしまうケースも。安いものでも、よく考えて買いましょう!

とりあえず出したところに戻す!

当たり前のことすぎて、申し訳ありません。でも、これができないと絶対にきれいなお部屋は保てません

 

人はつい「時間がない」と言い訳をしてしまいがちですが、よく考えてみましょう。元の場所に戻すのに何秒かかるでしょうか?生活に影響のない範囲の場合がほとんどです。

 

気持ちの問題になりますが、元の場所に戻すか戻さないかは「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」の問題ともいえます。そこはぜひご自身に厳しく、このルールを毎日の習慣にしていくことをおすすめします。

 

参考:クローゼットの奥行きが狭い!ちょっとした工夫で多く収納する方法

まとめ

整理整頓・収納は「マメな人」だけのものではありません。習慣化すれば、絶対に誰にでもできます。まずは、

 

  • 物の全体量を把握すること
  • 分類してから収納すること
  • 物をお部屋に入れるときには慎重に
  • 出したところに必ず戻す

 

このシンプルなルールを実践してみてくださいね。途中で整理しづらいと感じたら、その都度収納の仕方を替えるなどの工夫で楽に整理整頓を続けられる環境を作っていきましょう。

 

参考:掃除・片付けが得意に!普段から出来る簡単なことは?

 

スポンサーリンク