スポンサーリンク

トイレつまり直し方 道具なしトイレが詰まったらどうしたらいい?直し方はどうする?普段意外と考えないテーマですよね。それもそのはず、トイレというものはある日突然詰まってしまうものなのです。

 

ましてや一人暮らしともなれば、トイレのつまりを直す道具も持っていないという人がほとんどでしょう。道具なしでの解決方法をお伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

 

トイレのつまりはある日突然起こる?

トイレつまり直し方 道具なしトイレのつまりについてあまり普段考えることはないかもしれませんね。でも、ある日突然トイレのつまりに直面することになる場合もあるのです。

 

しかも、一人暮らしの方ならよくトイレの掃除用具の場所に置いてあるラバーカップなどは持っていないことがほとんどですよね。(ラバーカップとは、トイレが詰まった時に「スッポン、スッポン」という感じで押してつまりを解消する道具です。)

 

トイレは、汚物や紙などを大量に流せば詰まってしまいます。でも、飲みすぎ・胃腸炎などでトイレでもどしてしまうという可能性は誰にでもありますよね。そんな時にトイレが詰まるから、と我慢なんてできません。その結果として流しても水が流れないという緊急事態が起きるわけです。

 

では、ここで絶対にやってはいけないことを紹介します。

 

参考:生ゴミの臭いを抑えたい…簡単にできる処理方法は?

 

それは、「無理に何度も流そうとすること」。これをやっても、勢いでつまりが解消することはほぼありません。最悪の場合には、溢れた汚い水でトイレ全体を汚してしまうという最悪の事態にもなり兼ねません。まずは、落ち着いてください。

直し方は?道具なしでできるの?

トイレつまり直し方 道具なしでは、トイレのつまりを直す具体的な方法です。

 

トイレットペーパーを流しすぎて詰まってしまったという場合には、まずは少し時間を置いてみましょう。1時間などしばらく放置してからなら、トイレットペーパーが水に溶け始めて流しやすくなっている場合があります。

スポンサーリンク

 

この再びチェックする時には、水位が変わっているかチェックしてみてくださいね。

 

また、バケツで詰まっているであろう箇所に水を勢いよく流すという方法もあります。これは、もし何度も水を流そうと試みて便器が水でいっぱいになっていない場合にのみ試してみてください。

 

水が流れていく部分のカーブに紙が詰まっているというような場合には、これだけであっさりと直ってしまうこともありますよ。

 

また、家に重曹とお酢はあるでしょうか?これがあれば、つまりの原因を溶かして流しやすくする効果が期待できます。重曹・お酢・50℃程度のお湯をトイレの便器に入れて1時間程度待ってからもう一度流してみてくださいね。

 

分量は、重曹50ml(カップ1/4)・お酢100ml(カップ1/2)・お湯200ml(カップ1)です。この順で便器に投入してしばらく置いておけばOKです。

 

ここまで道具なしの方法を紹介してきましたが、頑固な場合にはやはりラバーカップが有効です。100円ショップでもありますので、開いている時間ならすぐに買いにいくことをおすすめします。

 

ちなみに流れない場合ですが、次の日までトイレができないと思って困っていませんか?どうしてもトイレに行きたい場合には、用を足してその後のペーパーはゴミ箱に捨てるようにすれば半日などの短い間なら対応できます。

 

では、ラバーカップの使い方も簡単に説明しておきましょう。


※動画あり

ラバーカップを使う前に水の飛び散りが気になりますから、周りにいらない新聞紙か布を敷いておきます。そして、水があふれることを予防するためにバルブを閉めます。バルブはタンクの下のところについていて、右に回せば閉まります。

 

少し水が引いてきてからが、ラバーカップの出番です。カップを穴にはめ込み、ゆっくりと押し込み、さっと引くことを繰り返します。それによってつまりの原因のものが奥に押し込まれてつまりが解消するという仕組みですね。

 

参考:コバエってどこからくるの?根本からしっかり駆除する方法

 

多少のつまりなら、ほぼこれで解消します。業者さんを呼ぶのはこれを試してからでも遅くありません。ちなみに、賃貸の場合には管理会社や大家さんに相談することですぐに対処してもらえたというケースも少なくありませんので、業者さんの前に困ったらそちらに連絡するのがおすすめです。

業者さんを呼ぶ目安・相場は?

明らかに異物を間違って流してしまった、というような場合には業者さんの力を借りないと直すことは難しいかもしれません。この場合でも賃貸なら、連絡するのはまずは管理会社か大家さんですよ。

 

そして、上記の方法を全部試してもダメな時が業者さんの出番です。女性は特に恥ずかしいと感じるかもしれませんが、彼らはプロで慣れています。気にしすぎなくても大丈夫です。

 

そして、相場ですが、簡単なつまりなら数千円、配管の交換までとなると数万円かかってしまうというケースもあります。はじめてのことという方が多いので、相場もわからないので、戸惑ってしまいますよね。そういったことも含めて、まずは大家さんか管理会社に相談するのがベストという訳です。

まとめ

トイレのつまりは突然起こります。そのため、道具を用意していないということもよくありますよね。

 

まずは、あわてずに水を何度も流すことだけは避けましょう。しばらくして水位が少し減ってから対策をするのが吉です。

 

頑固なつまりには、重曹・お酢・お湯で対処しますが、それでも難しい場合には100円ショップでも売っているラバーカップを買いに急ぎましょう。賃貸の場合には、どうにもならない時には管理会社か大家さんに相談するのがベストです。

 

道具なしでもつまりが解消できる場合もありますが、結論から言えばひとつ家にラバーカップを置いておくともしもの時に安心ですよ。

 

スポンサーリンク