ワンルーム フローリング 掃除お掃除はサボろうと思えば、本人次第でどうにでもなってしまいますね。

 

また、汚れやホコリへの許容範囲も人それぞれなので、どんな掃除が1番良いとも言い難いものがあります。

 

でも、フローリングがピカピカになっているのを気持ち悪いと感じる人はいないでしょう。

 

フローリングをピカピカにするにはワックスシートがおススメですが、塗るからにはより効果的に輝かせる方法で塗りましょう。

 

そこで今回は、一人暮らしの方必見!ワンルームのフローリングをピカピカにする方法をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

ワンルームのフローリングをピカピカに掃除!

ワンルーム フローリング 掃除ワンルームの場合、食事も睡眠をとるのもすべて同じ部屋の中で行われます。

 

そのため、フローリングに「ホコリ」や「髪の毛」、足跡などから着いた「皮脂汚れ」、「食べこぼし」「油汚れ」「臭い汚れ」と様々な汚れが集まってしまいますね。

 

参考:掃除してますか?冷蔵庫の下や裏をキレイに!

 

そう、実は小さい部屋こそお掃除が必要なのです。特に床面は、汚れの宝庫となりやすいので溜めてしまわないようにしましょう。

 

フローリングは、こまめにワイパー系の掃除用具でこまめに拭き掃除をするだけでキレイに生活することが出来ます。今の一人暮らしは、掃除機を使わない生活を送る人が多いですね。クイックルワイパーがあれば、たまに掃除機をかけるだけで済みます。

 

ドライシートは、「掃除」にこだわらずいつでもサッと使用できるようにしておくと便利です。

 

「掃除」と思うと、「さあやらなきゃ!」や「よし!やるぞ!」と気持ちを奮い立たせて挑むもののように感じてしまいますが、常にドライシートでクルクルとホコリなどのゴミを取っていると、あえて掃除と考えなくてもお掃除してしまっています。

 

そのためには、フローリングの面を多く出しておくように気をつけていると、効率が良くなります。これは、やたらと床に物を出しっぱなしにしておかないようにすると言うことです。脱いだ服は洗濯カゴや、ハンガーにかけて吊るすようにしましょう。

 

呼んだ本や雑誌は必ず所定の位置へもどし、飲食物の残りの始末やお菓子の袋の密封は必須です。ちらばりがちなリモコン類の居場所をそれぞれ決めてあげると、行き場を失って部屋の中をあちこちに移動することもなくなります。

スポンサーリンク

 

手軽な床掃除は、すぐにできる状態にしておかないとやる気が失せてしまいます。

 

「あ~先に片づけなきゃ」と思うと、サッとクルクルするだけの前にひと仕事加わることになってしまいますのでね。

 

お掃除を簡単に済ませたいと思うほど、「出さない!汚さない!」を気にする生活を送りましょう。そうすれば、つねに床はツルツルにキープできるのです。

ワンルームのフローリングをもっとピカピカにしてしまおう!

ワンルーム フローリング 掃除いつもクルクルしている人のお宅は、たまに掃除機をかけるだけのお宅と比べるとフローリングが艶やかですね。

 

とは言っても、何度もこすっているので汚れはなくてもコーティングが薄れて、徐々に艶が無くなってきます。そんな時にはワックスを塗ってあげましょう。

 

参考:掃除はクイックルワイパーだけ!掃除機なしでも大丈夫?

 

いつも使っているワイパーにワックスシートをつけて塗って行きます。

ワックスシートを利用してみる!

ワックスを塗る日は雨の日や曇天の日は乾きが不十分になるので避けた方が良いです。

 

窓を開けて乾かしたいので、極端に風の強い日も避けましょう。乾く前にホコリが付着してしまいます。

 

テーブルやラグをどかして床を全面的に出しておきます。日頃のワイパーだけでは取り切れないフローリングの隙間のホコリも掃除機でキレイに取り去りましょう。

 

部分汚れがある場合はマイペットなどで良く落とし、全体にウェットシートや固く絞った雑巾で拭き上げておきます。

 

これも、いつもクルクルしていればひどく汚れている事もないと思うので、余分な作業はカット出来てワックスがけが断然早く進みますね。汚れがなければ塗りムラもなく、キレイに仕上がります。

 

ワックスシートは、グズグズしていると乾いてきてしまうので、万全にしてから一気に塗ってしまいましょう。部屋の入口から遠い方から塗り始め、室内に向かって塗って行きます。

 

全体的に塗って終了しても良いですが、ピカピカにしたい場合は、15~20分ほど乾かしてからもう一度塗るとツルツルピカピカになりますよ。

 

これを2か月ごとに続けると、つねにフローリングが美しく輝いているお部屋になります。

まとめ

ワンルームのフローリングをピカピカに掃除するには、日頃からひどく汚さないように生活するのか1番楽な方法です。

 

そのため、わざわざ「掃除をする!」と頑張らなくても、ワイパーなどでいつでもサッとクルクルするクセをつけてしまいましょう。

 

ドライシートは、使って捨てたら次のシートをつけておくと、使うときにすぐに行動にうつせるので面倒くさくなくなります。ピカピカにしたい時は、ワックスシートを利用しましょう。

 

この時も、床に物が散乱していると、まずは片付けから始めなくてはならないので、面倒くさがりの人ほど出したらしまうクセをつけるようにしましょう。

 

ワックスシートを2か月に1回程度の間隔で塗り続けると、表面が強くなり傷もつきにくくなります。部屋に入った時に、フローリングをピカピカに輝いているお部屋はとても気持ちが良いですね。

 

風水的にもとても効果が高いらしく、ピカピカの床は福が舞い込むようなので、これはやる価値ありですよ。

 

スポンサーリンク